プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

更新日2018.3.6/公開日2014.7.25

プロペシア 正規品 類似品

 

 

 

プロペシア正規品と個人輸入類似品の比較の話を聞くことが多いけど、実際ではどちらを選べばよいのだろうか?


 

 

それって確かに良くある話だよね。

 

プロペシアの正規品と個人輸入類似品との違いとは、「類似品に偽物がある心配」と「副作用に対する安全性の心配」と「費用の負担が違うこと」の3つだよね。

 

「なにが違うのか」を考える前に、「自分の薄毛対策はどのように継続することを希望しているのか」だよ。

 

なぜならば、「類似品に偽物がある心配」に関しては類似品を売らないお店を手間をかけて探せばよいことだし、「副作用に対する安全性の心配」に関してはAGA専門クリニックを併用して利用する手間をかけられれば解決することだし、「費用の負担が違うこと」を優先して考えるならば手間をかけて個人輸入通販を使うことを考えればいからね。

 

つまり、「プロペシアの正規品と個人輸入類似品との違いとは」の質問は、「どれだけ手間をかけることができるのか」その一言につきるのだよ。

 

ここでは手間をかけると簡単に言っているけど、中には手間をかけてもうまくいかない場合だってあるから、それが難しいんだよ。


 

 

なるほど、「すべての違いは手間をかけること」なんだね。

 

後は、自分なりにどのくらい手間をかけたら良いのかだよね。

 

それにしても、このようなブログで手取り足取りして教えてもらえると便利だよね。


 

 

そうそう、その部分が大切だよ。

 

いくら手間と言っても、好き勝手に手間をかけやればうまくいくというわけではないからね。

 

このブログでは、管理人シバ自らが体験したきたことからレビュー記事にしているわけなので、管理人シバの失敗した経験、上手くいった経験を読むことで、いわば手取り足取りと同じことになるのかもしれないよね。

 

大きな失敗を防ぐことで、お金も労力も時間も節約しながら薄毛対策をすることができるわけだね。

 

ただ、どうしても不安と言うならば、費用が少しだけ高くなるけどAGA専門クリニックのようなクリニックにお任せで治療をするという方法もあるよね。

 

AGA専門クリニックを選ぶことはけして間違っているわけではないよ。

 

安全安心に薄毛対策ができることはなによりも大事だからね。


 

プロペシア正規品と個人輸入類似品の安全性とは

 

管理人シバは、プロペシアの服用を考える時に、気になって仕方なかったのがプロペシア副作用でした。

 

プロペシア 費用

そもそも医薬品である以上、効果がある反面、副作用があるのはどうしても仕方のないことだということです。

 

たとえば、風邪をひいたときに服用する風邪薬も、肝臓に負担をかけるという意味では、多少でも負担があるということからそれが副作用というわけです。

 

プロペシア服用でも、これとまったく同じことで、服用することで多少なりとも副作用があるということになります。。

 

その意味からは、副作用がまったくない医薬品は存在していないということです。

 

問題は何かと言いますと、どんな副作用であったとしても、その副作用が起こる可能性がどのくらいあるのか、その副作用にどのように対処できるのかということではないでしょうか。

 

一般的に、プロペシア副作用としては性欲の減退、勃起不全などのEDの症状、精子数の減少などがあることを知られていて、継続的に服用することで肝機能にも障害を起こすリスクがあるそうです。

 

しかし、実際に副作用が起こる確率は低く、ほとんどの場合で副作用を感じることはなく発毛する場合が多いとも言われています。

 

ですが、副作用が起こってしまったとしてもそれほど深刻なものではなく、軽度なものであると言われており、そこまで心配する必要もないという医師もいるようです。

 

ただし、プロペシアを服用することで何らかの異変を感じてしまったら、すぐに処方してもらった医師に相談することができるといった対策を立てておくことが必要です。

 

一般的にプロペシアの副作用については、服用をやめれば回復するとされています。

 

確かに、服用をやめれば副作用は回復するのですが、実際に服用しているときに、一旦服用を中止するという判断をしなければなりません。

 

生活習慣的で服用を続けている方の多くは、一旦服用を中止するという行動をすることすら難しいようです。

 

このような判断をするときに、医師からの指示でいったん中止をするというならば、また別の話となり、そのときはすぐに服用をやめることができるからです。

 

できれば、医師を介しての判断ができるように準備しておくことが最善というわけです。

 

もう1つプロペシアの副作用で気をつけておきたいことは、プロペシア通販、個人輸入で購入された類似品によるものだそうです。

 

費用が安く、パソコンを使って簡単に購入することができるということから、個人輸入類似品のプロペシアがたくさん国内に入ってきているようです。

 

すべての個人輸入類似品プロペシアが悪いというわけではなく、そのなかには偽物や成分が低いものもあるということです。

 

これをどのように見わければよいのかでは、それ自体がなかなか難しいようです。

 

海外通販で購入する類似品プロペシアの危険性とは

 

日本国内で正式に流通しているプロペシアは日本国内で製造されたものであり、整った環境で高い品質をクリアするように製造されたものなので、特に心配をする必要はありません。

 

しかし、海外で製造されているプロペシアを個人輸入(個人通販)で購入する時は、類似品や偽物などがあり、これを販売している業者も多いことから十分な注意が必要のよういです。

 

特に類似品は有効成分のフィナステリドが入っていれば良い方で、まったく関係のないものをプロペシアとして販売している例もあるようです。

 

また、製造過程も劣悪な環境となっていることがほとんどであり、服用することでどんな副作用が起こるか解りません。

 

中には、重篤な副作用を引き起こす危険性もあるので、購入するのならば十分に信用がおける輸入業者を探して取引をするような注意が必要となります。

 

できるだけ、困ったことにならないようにAGA専門医院の医師に処方をしてもらうことがベストですが、万が一個人輸入をしている場合でも、最低限副作用の対応をしてもらえるクリニックを決めておきましょう。

 

AGA医院では、日本国内で正式に流通しているプロペシアの購入をできるだけではなく、その人に一番合った処方をしてくれることと、プロペシア副作用などの不安、疑問、質問の相談にのってくれることなど、副作用で心配になることを解消することができます。

 

管理人シバの正規品、個人輸入類似品の選択とは

 

管理人シバが思いますに、プロペシア正規品の価格と、個人輸入品の価格だけを単純比較していくら安いみたいな判断をしている場合が一般的ではないでしょうか。

 

ですが、比較するときは費用のことだけでなく、その薬がどのようにして製造されていて、偽物、成分が低いリスクもあり、副作用があったときは自己責任になることも含めてトータルで比較をされることをおススメします。

 

その理由から、管理人シバも、正規品にするか、安い類似品にするかで迷ったことがありました。

 

もっと具体的に言うならば、プロペシア発毛などの対策では、実際に発毛を体感できてからも、発毛剤の服用を継続しなければならないからです。

 

長い服用期間を考えると、できるだけ費用が安い方法が良いと思ったからです。、

 

いろいろと悩んだ末に決めたのは国内認可薬を提供しているAGA専門医院での処方でした。

 

プロペシア 国内認可品

 

そのため、初期の発毛対策では、予想していたより費用がたかくなったのですが、まったく副作用の心配もありませんでしたし、トントン拍子での発毛となりました。

 

あとで、思ったのですが、そのときの選択は正解だと思っています。

 

なぜなば、初期の発毛薬を服用して起こる副作用も体験と解消する方法を体験できたからです。

 

それがあったからこそ、そのあとに継続した個人輸入でのプロペシア服用が安心してできたのかもしれません。

 

管理人シバが選んだプロペシアの入手方法

 

管理人シバの場合は、初期ではAGA専門医院で発毛薬を入手していて、途中皮膚科でも処方してもらい、最終的には、個人輸入を中心とした服用をしています。

 

それぞれの入手方法の違いによってメリット、デメリットがあるのですが、一番大切なのは、初期のころに体験することが多い副作用の対処方法です。

 

最初っから、個人輸入で服用を始めてから、身体になんかの違和感を感じても、そのあとどうしょう?となってしまっては最悪だとおもうからです。

 

ただ、プロペシアの入手方法に関しては、個人輸入品が国内で承認されていなく、なんかあっても自己責任を理解した上での服用ならば、薄毛対策をしないで迷っているよりも早く始めたほうがあとで後悔をしないと思うからです。

 

だって、毛髪って、就活、婚活でも絶対にあった方が有利になるからです。

 

自分の身体より、少しだけ自分の人生を優先させるという感じでしょうか。

 

今回の、プロペシア個人輸入品を選ぶ理由の多くは、費用のことではないでしょうか。

 

そんなことから、管理人シバが、AGA専門医院、皮膚科、個人輸入のプロペシア料金比較をしてみました。

 

個人輸入 皮膚科、AGA専門医院のメリットデメリット

※フィナステリド1ヵ月分の費用

個人輸入で購入 皮膚科で処方 AGA専門医院で処方
費用 1800円〜3000円くらい 8000円〜12000円くらい 4200円〜8000円くらい
副作用の対応 無し

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

無し

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

血液検査、来院の時の診断による対応

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

個人差による薬の対応 無し

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

無し

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

個人差によって薬の対応有り

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

治療の対応 自己判断

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

ほぼ自己判断

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

専門医院の指導もと有り

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

内服薬の安全性 無し

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

国産、有り

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

国産、有り

プロペシアの正規品と個人輸入類似品の違いとは

※あくまでも管理人シバがチェックをした費用に基づいた料金ですが、クリニックによって料金に違いがあります。

 

この表を見ていて気が付いたのですが、AGA専門医院、皮膚科ではそれほどに料金が違うわけではないということでした。

 

実際に、管理人シバはどちらも行きましたので、AGAに関しては、近所の皮膚科よりAGA専門医院を選んだ方がメリットがあるようです。

 

さらに、AGA専門医院と個人輸入の比較では、費用は多少高くなるのですが、その分国内正規であること、副作用の対応もしてくれることを頭の中でちゃちゃと計算して比べて判断をすればよいと思います。

 

ブライダルフェア 矢印