管理人シバのプロペシア体験

MENU

管理人シバのプロペシア体験談

 

管理人シバの体験で試した内容。

管理人シバやんが実際実際に試した体験日記が中心となります。

プロペシア 費用

ここでは管理人シバやんの実体験から、
不安に思ったこと、プロペシアを服用していて感じたこと、
育毛発毛に対しての気持ちをどのように持ち続けたのかを綴っていきます。

 

プロペシア 処方
意を決してAGAの医師に相談に行きました。

 

どうしてAGA医師なのかと言いますと、
発毛育毛では正規の医師による診断が正しいと思ったからです。

 

管理人シバやんは、何も迷わずAGAの医師に相談をすることにしました。

 

AGAの医師の診断は自費診療となるため保険診療とは違って、
割引の診療にならないことを知っておきましょう。

 

つまり、自費診療は100%を自費支払いとなるため、
思っていた以上に費用が掛かります。

 

早速ですが、AGAの医師の処方による発毛育毛体験は2014/7 から始めました。

 

ある程度の期間をおきながら、
ゆっくりと自分の頭の毛髪で試してみることとしました。

 

管理人シバやんの場合ですが、薄い毛髪だけではなく、
白髪もちらほら混じってきていましたので、
写真で比べるみるとやや見にくいかもしれません。

 

他にも、管理人シバの発毛育毛情報も公開してい来ます。

 

つまり、AGAの医師にいきつくまでの経緯とか、
発毛育毛に対してどのようなことをやってきたのかを、
覚えている限り書いてみようかとも思いました。

 

AGAの医師に診断する以前は、
薄毛を意識していたこともあり、
市販の安い(1000円前後)育毛剤から始めました。

 

かれこれ、2、3年は継続したと思いますが、
その結果はどうなっかたといいますと、
少なくとも管理人シバに関してはまったく意味がなかったと断言できます。

 

そのあとは、アメリカからの並行輸入の育毛剤を試したり、
国産の多くの育毛剤を試してきました。

 

育毛剤って一回でも使い始めると、
育毛の不安もあってなかなか辞めることができなるかもしれません。

 

どうせ辞めることができないのなら、
最初っからしっかりと効果のある方法をチョイスすることが大切です。

 

たとえば、AGAの医師の処方と育毛剤
なども同時に試してみることにしました。

 

追記ですが、
管理人シバやんは邪道ともいうべきウイックなんかにも手をだしました。

 

付け毛です。

 

ヤフーショッピングで2000円くらいで購入していたものですが、
到着した商品を試してみたところ、
マジに髪が薄くなってきた人を馬鹿にしているのではないかと思う内容でした。

 

ほんとにこんなものに手を出した自分が笑いでしかありません。

 

 

プロペシアは、AGA治療(薄毛治療)で用いられる飲み薬で、
医療用として米国の医薬品メーカーであるメルク社が開発した医薬品であり、
効果と安全性が認められています。

 

AGA治療を行っている医院やクリニックでは、
多くの医師がこのプロペシアの使用を推奨しています。

 

また、育毛を試すときは、
一点集中で育毛に取り組むようにすることが大切と思いました。

 

なぜならば、育毛をなんとかしょうくらいのいい加減な気持ちで始めると、
長い期間の継続をすることができないからです。

 

やると決めたときは、全力で発毛育毛に取り組むことにしましょう。

 

ここで大切なことは、不安になるようないらないリスクをなるべく減らすことです。

 

不安が増すと継続することが難しくなるからです。

 

一度覚悟を決めたなら、長い期間の継続は必須だからです。

 

管理人シバが不安に思ったこと。

AGAの医師の処方を続けることでほんとに発毛育毛できるの?
副作用の心配って大丈夫なの?の2点でした。

 

ですが、いろいろと調べてみてわかったのですが、
個人差もあることで実際に試してみないとわからないということです。

 

つまり、今のままの薄毛を取るか、
不安はあるけど発毛育毛を取るかの2者択一で迷ったわけです。

 

いろいろと考えた末に、管理人シバやんは多少のリスクがあったとしても、
発毛育毛を取る選択肢をとるという覚悟を決めたわけです。

 

いきなり並行輸入のプロペシアを購入するのではなく、
AGAの医師の処方箋を貰ってプロペシアを試すことにしました。

 

AGAの医師の処方箋のプロペシアは費用は高くなるかもしれませんが、
医師よる育毛育毛のチェックもしてもらえますし、
長い期間継続する発毛育毛の不安や心配を解消できるからです。

 

たとえば、
プロペシアを使っているのですが勃起に関して不安があります、とか、
以前より異性に興味を持つことが薄れてきたのですがどうなんでしょう、とか、
子供ができるのですが、このままプロペシアを続けて大丈夫でしょうか、とか、
プロペシアを服用しているときにお酒は飲んでも大丈夫でしょうか、とか、
プロペシアを服用し続けて効かないことはあるのでしょうか、とか、
プロペシア服用の副作用は大丈夫でしょうか、とか、
プロペシアと育毛剤を同時に試すことは大丈夫でしょうか、とか
プロペシアは女性ホルモンを強めるわけですので女性になってしまうのか、とか、
プロペシアとたばこは大丈夫なのでしょうか、とか、
筋肉を付けたいけどプロペシアはどのようにして服用すればよいのか、など
このような不安や心配も医師の立場からサポートしてもらえるわけです。

 

このポイントってかなり大きいのではないでしょうか。

 

すべては発毛育毛の不安となるのですが、
ひとりで悩んでいると決して良い方向に向かいません。

 

ですので、AGAの医師の発毛育毛を試してみようと思っている方は、
最初はAGAの医師の診断による服用をお勧めします。

 

どんな不安に対しても、AGAの医師でしたら、
その人に合った答えを貰えるからです。

 

特に、プロペシアを服用する初期の段階では、
頭が不安で一杯になるのが普通です。

 

管理人シバやんの場合ですが、
プロペシア服用時の不安に思うことがたくさんありました。

 

逐一不安をメモに書いておき、
医師の検診を受けたときにそのすべての答えを貰うようにしていました。

 

ですので、プロペシア服用時は、常に医師にする質問の内容を考えていたわけです。

 

実際にかかった費用のこと

いきなり並行輸入のプロペシア使うことを避け、
たまたま近所にあったAGAの医師が処方をしている病院へ行ってみることにしました。

 

AGAの医師の診療は、自費診療となるのですが、
かなりの確率で発毛育毛をすることができます。

 

AGAの医師の処方する発毛育毛剤の料金は、
並行輸入と比べてかなり高いように感じますが、
発毛育毛の安心を同時に購入していると思えばそんなに高いと思いません。

 

ちなみに、並行輸入のプロペシアの価格は、
フィンペシア(プロペシア)300錠分で300日として1日当たり0.5ドルくらいです。

 

ちょっと違いすぎないですか!と、思わず声を上げてしまいました。

 

と、同時にパンドラの箱である並行輸入でプロぺアの費用をもっと詳しく調べてみました。

 

なぜならば、プロペシアは国内製だけではなく、海外製のプロペシアもあるからです。

 

プロペシアは、保険適用外であり、自由診療となることから、
比較的に薬価が高く、財布の負担が大きくなることが問題だと言えるかもしれません。

 

個人輸入とは、法律で認められているものであり、違法行為ではありません。

 

しかし、購入した医薬品は購入者本人が使用する目的でのみ販売され、
何かしらトラブルがあったとしてもすべて自己責任となります。

 

海外製のプロペシアは、
ジェネリック医薬品などもあるので、非常に安価で購入することが可能です。

 

プロペシアは毎日継続して服用するものなので、
経済的な負担を軽くしたいと考える人は沢山いますが、
実際には個人輸入においては、類似品や粗悪品などを販売している業者も多く、
個人輸入で流通しているプロペシアの半分程度は偽物だという話もあります。

 

管理人シバやんが調べた並行輸入の場合は、
ジェネリックのフィンペシア(Finpecia)1mgと
ミノキシジルタブレット10mgの同時購入を予定しました。

 

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠
+ミノキシジルタブレット5mg 1箱100錠です。

 

インドの製薬会社に対してはネガティブな意見もあるのですが、
フィンペシア ジェネリックは、インド製薬会社第2位となるインドシプラCipla社製のものだそうです。

 

肝心の費用に関してですが、上記のセット×3として注文すると、
トータルで$144.34の合計金額となるそうです。

 

フィンペシア100錠+ミノキシジル10mg100錠1箱 1セット
$50 × 3個 = $150

 

並行輸入を購入する場合は、その時の為替レートで支払いで決まります。

 

個人輸入代行会社に日本円での支払金額を聞いてみたのですが、
マルチカレンシーで、ドルを選択した場合は、ドル表記にてご請求が行われ、
ご利用のカード会社のレートにて日本円に換算されたあと請求が行われるそうです。

 

また、マルチカレンシーで、円をご選択を頂いた場合は、
個人輸入代行会社と提携しているカード決済会社のレートにより、
日本円で請求が行われるそうです、とのことでした。

 

なんにしてもフィンペシア300錠分ですので、
300日分としますと1日当たり0.5ドルとなり、
かなりの驚きの格安料金になることは間違いありません。

 

僅かな費用の違いであれば、なんの躊躇をすることもなく医師の処方で服用する方法となるのですが、
ここまで費用に違いがあると、コストの面からかなり悩むことになるのではないでしょうか。

 

まさに管理人シバやんも同じ悩みを抱えました。

 

その結論ですが、
管理人シバやんは安全のリスクを考えて医師の処方するAGA医師を選んだわけです。

 

ですが、それを選ぶにはいくつか条件がありました。

 

最初はAGA医師の処方してもらってプロペシアの服用を始めることを決めたのですが、
効果が認められた時点、もしくは、不安を解消できた時点で、
コストが安い並行輸入のプロペシアに切り替えることを予定としてみました。

 

なぜならば、コストが安い並行輸入のプロペシアに切り替えた結果が悪ければ、
再度国産のプロペシアに戻せばよいだけだからです。

 

また、プロペシアにミノキシジルタブレット5mg(100錠) をプラスしたのは、
同じ発毛育毛を同時に考えたからでした。

 

管理人シバの副作用のこと。

プロペシアで調べていくと、発毛のことよりプロペシア副作用の事
について書かれている場合が多いようです。

 

プロペシア副作用の事は個人差もあるようですので、
必ず誰しもが同じ症状となるわけではないことを事前に言っておきます。

 

管理人シバやんのことですが、
以前より異性に対しての感情が薄れてきたように感じることもありますが、
私に限っては異性とのことに関しての勃起不全になることはありませんでした。

 

だからと言って、その原因のすべての理由がプロペシアとも言えないのではないでしょうか。

 

たんなる年齢を重ねた結果でもあるわけです。

 

他にも、子供に関しても、
プロペシア服用中に妻が妊娠、出産を経験しました。

 

その結果ですが、
子供は無事健康な女の子で、
五体も満足、頭も並みの子供を授かりました。

 

その結果を客観的に考えてみたのですが、
健康な子供も授かり、異性との感情もやや薄れ、
育毛ができたならば、自分にとっては理想的な事と言えます。

 

だって、異性との感情がやや薄れることは、
浮気によって家庭を崩壊させないことにも繋がるし、
元気な子供や仕事に集中ができる理想的な生活になるからです。

 

管理人シバが実感した効果とは。

ここが一番大切なことです。

 

管理人シバやんは、ほんとうに発毛育毛の効果を実感することができました。

 

このプロペシアと複合で試していた育毛方法も含めて良かったと思っています。

 

管理人シバやんは、プロペシアを飲み始めてから半年くらいのときに、
かなり発毛育毛に関しての不安に襲われました。

 

なぜならば、早くて6カ月で効果があると言われていたからです。

 

管理人シバの場合は6カ月どころか1年経過していても効果は??でした。

 

人によって個人差があるのは分かりますが、
人より遅い個人差は、不安を大きく増すことにもなります。

 

やっぱり、今回もダメか、、てな感じで不安な日々が続きました。

 

ですので、そのような不安を取り除いたもらえたのが、
AGA医師によるアドバイスでした。

 

なんどもなんども、飽きるくらい不安や心配を医師に質問しました。

 

だって、発毛育毛の知識がほとんど無かったからです。

 

こんな不安の期間を無事乗り越えることができたのは、
やはりAGA医師のサポートがあったからこそだと思っています。

 

次のページへ≫

管理人シバのプロペシア体験談記事一覧

2014/7 管理人シバやん頭髪の推移どうでもよくない管理人シバの育毛、発毛をする前の状態です。発毛育毛をおこなう決意をこめて、2014/7に自宅にて自撮りをして撮りました。自撮りではなるべく剥げの部分がわかるように、手の毛で持ち上げるようにしましたので、被せてかくしてある部分も良く見える写真となりました。全体的に薄毛なのですが、部分的に髪が残っていることを利用して、薄毛の部分を隠すようにしていま...