プロペシア副作用の心配と嬉しい発毛体験!

MENU

プロペシア副作用の心配と嬉しい発毛体験!

プロペシア副作用は心配、でもどうしても発毛は欲しい

 

管理人シバやんは、発毛育毛はしたいけどプロペシア副作用のリスクに恐れみたいなものを感じていました。

 

なぜならば、インターネットでプロペシア副作用を検索すると、多くのホームページではリスクがあるようなことを書いているからです。

 

つまり管理人シバやんがプロペシアで発毛育毛を試してみるということは、発毛育毛の悩みとプロペシアのリスクの悩みを同時に抱えこむことになるわけです。

 

プロペシア 費用

どうしても髪は欲しい!でもプロペシア副作用が心配

++ プラス ++
プロペシア 筋肉増えない悩み
プロペシア お酒の悩み
プロペシア たばこの悩み 
プロペシア 男性機能の悩み
プロペシア 高齢(老人)発毛の悩み
プロペシア 白髪の悩み
プロペシア 費用の悩み
プロペシア ダメだったらの悩み

 

管理人シバやんはどうしても髪は欲しい!という気持ちが強くあり、それを抑えることはできませんでした。

 

そんな訳で、悪いことは目をつむって、発毛だけを考えることで始めたのがプロペシア服用でした。

 

プロペシアを決めた後は、プロペシア服用を継続するために必要となる費用のことを気にしました。

 

ともかく、発毛のために長い期間継続することになるわけですので、それに必要な費用がかかることになるからです。

 

プロペシア費用は、費用が高い正規品のプロペシアを選ぶのか、
費用の安い並行輸入のプロペシアの2択でした。

 

まさに、リスクを取って安い方法を選ぶのか、それとも多少費用が高くなっても安心な正規品を選ぶかでした。

 

ともかく迷いに迷い、決めるまでに1カ月以上の時間を要しました。

 

その結果ですが、プロペシアの副作用、プロペシアの知識も全くなく初心者でしたので、いきなりリスクの高いプロペシアを試すのではなく、プロペシアの知識が付くまでAGA医院が処方する正規品プロペシアを服用する方法を試すとし、ある程度、プロペシアのことがわかってきたら並行輸入プロペシアも試してみる計画を立ててみました。

 

つまり、費用のことを考えて並行輸入品のプロペシアも試してみるという、A、Bプラン両面作戦でいくことにしました。

 

安い価格 < リスク少ない

 

プロペシアリスクをメインとして取ることに決めたわけです。

 

このサイトでは、プロペシア副作用、プロペシア注意点、プロペシア効果、プロペシア価格、プロペシア並行輸入、プロペシアジェネリック、抜け毛の原因、プロペシア知識などと、プロペシア副作用の心配や不安を解消する内容を中心にまとめてみました。

 

そのあとですが、皆さんのプロペシア口コミ、管理人のプロペシア体験談などの、実際にやってみてどうだったの、という管理人シバやんの体験談を中心にした順番でまとめてあります。

 

特に、管理人のプロペシア体験談では、プロペシアを服用した時のことを時系列でまとめてあるのですが、プロペシアでの発毛育毛対策は多くの医学的根拠あり、その結果は多くの人が発毛に至っていることを実際に体験できる内容としてみました。。

 

また、最初の頃に持っていたプロペシア副作用のを心配、不安をどのようにして解消したのかも書いてあります。

 

これに関しては、実際にあった事例をもとに、AGA医院の先生にどのように質問したのか、質問の仕方もまとめてみました。

 

最初の段階ではプロペシアの副作用が1番の心配だったのですが、プロペシアを服用する段階では、予定していた発毛がなかなか確認できないことでした。

 

管理人シバやんの場合は、10カ月を過ぎても自覚できる効果がなく、一体いつになったら発毛効果が確認できるのか、それが一番の心配に変わりました。

 

プロペシア服用の仕方とは

 

プロペシアは、抜け毛の原因そのものを改善する効果があり、抜けてしまった毛根そのものから髪の毛を生えさせる効果はありません。

 

その理由から、発毛育毛の効果を得るためにプロペシアに加えてミノキシジルを同時に服用することにしました。

 

ミノキシジルは、頭皮下にある毛細血管を開いて血流を促進することで発毛の効果があるからです。

 

その結果なのですが、完璧を100%とするならば管理人シバやんの場合は60〜70%の発毛育毛具合と言えます。

 

100%ではないにしても間違いなく発毛育毛を実感できているわけです。

 

これも地道にプロペシア+ミノキシジルを試してきた結果ではないでしょうか。

 

プロペシアを服用する以前のことですが、友人たちに「お前、髪の毛の具合大丈夫なの?」とよく言われていたのですが、最近はほとんどそのように言われることがなくなりました。

 

これも嬉しい実感ってところではないでしょうか。

 

肝心のプロペシアの副作用に関してですが、プロペシアがすべての原因とは言えませんが、思いついたことをまとめてみました。

 

男性機能の劣化
筋肉増えない悩み
費用の悩み

 

以上、3点に関してでした。

 

このようにしてまとめてみると、大げさに感じてしまうのですが、ほんとは多少気になったのかなぁ〜、と言った感じのレベルでした。

 

もしかすると、プロペシアの副作用と言われなければ、そんなに全然気にならない程度かもしれません。

 

男性機能の劣化は、まったく男性機能がなくなったわけでなく、以前より異性に対しての興味が多少薄れたような気がするかなぁ、と言った程度です。

 

筋肉増えない悩みは、筋肉が落ちたといえばそうなのですが、最近真剣に筋トレをしなくなったことを考えれば、これに関してもそれなりなのかなぁ、と感じています。

 

費用の悩みは、こればっかりはどうしょうもありません。

 

プロペシアを継続して服用していく限り費用がかかりますので、正規品、並行輸入品を上手に選択することも上手な方法かもしれません。

 

この辺は自分流と言いますか、プロペシア副作用がどうしても心配ならば費用は高くても正規品を選べばよいし、費用を継続することが厳しいのであれば並行輸入の選択するという選び方もあるということです。

 

万が一並行輸入のプロペシアを選んだ場合は、プロペシアのリスクをしっかりと理解、学んでおくことが必須となりますのと、プロペシアのリスクに加えて、並行輸入のリスクが加わることも理解しておきましょう。

更新履歴