プロペシア服用で筋力は落ちる?身体への影響

MENU

プロペシア服用で筋力は落ちる?身体への影響

男性型脱毛症で悩む人の大きな味方となってくれるのがプロペシアです。

 

プロペシア 費用

このプロペシアですが、男性ホルモンに影響を与えることから抜け毛を防いでくれる効果があるのですが、反面、副作用のリスクも伴います。

 

効果のある医薬品には副作用もあって当たり前なのですが、プロペシアの場合は副作用の頻度も影響も少ないと言われているのが大きな特徴です。

 

一般的には日常生活に支障をきたすほどの副作用は起こらないようですが、プロペシアを服用していると筋力が低下し運動能力が落ちてしまうことがあります。

 

これは男性ホルモンと大きく関係していると考えられているのですが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドはホルモンそのものには影響を与えません。

 

ちなみに、プロペシアと関係ある男性ホルモンは2つです。

 

テストステロンジヒドロテストステロンなのですが、
テストステロンには筋肉を増大させたり、性欲や闘争心、やる気などを司る働きがあります。

 

テストステロンは男性器の形成に関係があるホルモンですね。

 

フィナステリドはテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるために必要となる、5アルファ還元酵素に作用し、結合するのを抑制する効果を持っています。

 

つまり、上でも書いたようにホルモンそのものには影響を与えないのですが、現実としてプロペシアを服用することで筋力が低下したり、性欲が減退したという副作用を感じている人も多いのです。

 

はっきりとした因果関係は現時点では解明されていないのですが、プロペシアを服用し、何らかの異変を感じたのなら、すぐにでも医療機関で診察をしてもらうようにして下さい。

 

ですが、問題は不安や異変を感じて医療機関に診察をしたいと思っても、どこの誰に診てもらったら良いのかわからなく途方にくれることです。

 

それではどうしたら良いでしょうか。

 

その答えは、多少費用が高くなったとしても、最初はAGAの医師に診察と処方をしてもらいましょう。

良いAGA医院を選ぶために管理人がしたこととは

 

プロペシアの服用は長い期間続けることになります。

 

少しでも不安があっては長い期間服用することが難しくなるからです。

 

ある程度の結果がでて、不安も解消した後で、どうしても安い方法を試してみたいと思うのでしたら、
その時は止めません。

 

すべて自分の身体に対して起こることは、自己責任ということを自覚しておきましょう。

 

その意味は、どんなに困っても誰も助けてくれないということです。

 

≪前のページへ  次のページへ≫