プロペシアで男性機能が落ちるって本当?(ホルモン・生殖器に関する影響)

MENU

プロペシアで男性機能が落ちるって本当?(ホルモン・生殖器に関する影響)

プロペシアの副作用の1つに、男性機能の低下があります。

 

プロペシア 費用

これはプロペシアに含まれるフィナステリドの効果から言われていることです。

 

フィナステリドとは、そもそも男性特有の疾患である前立腺肥大などの治療に向けて開発されたものです。

 

フィナステリドを服用することで、
テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されることを防ぐ効果があります。

 

このテストステロンとジヒドロテストステロンですが、
男性ホルモンであるだけに、男性特有の機能に関わる働きを持っているのです。

 

また、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる5アルファ還元酵素は2種類あり、
1型と2型に分類できます。

 

1月は皮膚と肝臓と精巣に存在し、
2型は外陰部の皮膚、精巣上体に存在しているそうです。

 

プロペシアが効果を出すのは2型のもののみなのですが、
この効果から男性機能が低下するとされています。

 

はっきりとした因果関係は、現在のところ解明されていません。

 

しかし、精巣の機能を低下させるのではないかと推測されています。

 

精巣の機能が低下することにより、
精子の数が減少してしまうなど精子の質が落ちることや、
性欲の減退、勃起不全などEDの症状を発症することから、
男性不妊の原因になるリスクがあることを覚えておくと良いでしょう。

 

特にこれから子どもを作ろうと考えている人は、
プロペシアを服用する前に医師と相談しておくことをお勧めします。

 

プロペシアは抗アンドロゲン剤であることから、
女性や子どもには大変大きな影響を与えるリスクのある医薬品であることは有名ですが、
男性にとっても大きなリスクになるかもしれないことは頭に入れておきましょう。

 

プロペシア副作用トップページへ戻る