プロペシアの注意点と副作用

MENU

プロペシアの注意点と副作用

プロペシア 注意点

 

プロペシアを服用するときの注意点と副作用

 

プロペシアを服用する時には、注意すべきポイントが幾つかあります。

 

プロペシア 費用

1つは、医師から指示された用量と用法をしっかりと守ることです。

 

プロペシアは多く飲めば、それだけ早く効果が出るといったものではなく、毎日継続して長期的に服用することで初めて効果が実感できます。

 

1日に1錠、決まった時間に飲むことが大切なことです。

 

仮に飲み忘れたとしても翌日にそれを取り戻そうとして2錠飲むといったことはしないようにして下さい。

 

次の注意点としては、肝臓機能に不安がある時は服用しないことです。

 

プロペシアの副作用の1つに、肝機能障害があります。

 

プロペシアだけではなく、一般的な医薬品のほとんどは肝臓で代謝されるものですので、どんな薬であっても基本的には肝臓に負担をかけていると言って良いでしょう。

 

そこで日常的にアルコールを摂取する習慣がある人が、プロペシアの服用まで始めてしまうと、さらに肝臓には負担をかけてしまいます。

 

アルコールも肝臓にて代謝されるものであり、アルコールを飲み過ぎることで肝硬変などを起こすことは有名ですよね。

 

また、肝機能が低下している状態でプロペシアを服用することで、プロペシアの成分が完全に代謝されなくなるリスクが高まります。

 

結果、プロペシアの持つ他の副作用についても起こる可能性が高くなってしまうので、肝機能に不安がある人は服用を避けた方が良いですね。

 

もう1つの注意点は、プロペシアの成分にあります。

 

プロペシアにはフィナステリドが含まれており、この成分のお陰で抜け毛を防ぐことができるのですが、服用できるのは成人男性のみです。

 

未成年や特に妊娠中、授乳中の女性は服用するだけではなく、触ることも避けて下さい。

 

何故かと言うと、フィナステリドが皮膚からでも吸収されてしまうと、男性器の形成に不具合が起こってしまうリスクが高まってしまうからです。

 

特に妊娠中の胎児には大きな影響があるので、十分な注意をしておかなければいけません。

 

管理人シバの場合ですが、毎日飲酒の習慣がありましたので、肝機能障害の副作用がかなり気になりました。

 

それが理由で、プロペシアを服用するときとお酒を飲むのは同時に行わないように気にするようにしました。

 

実際では、プロペシア服用はお昼のランチの後に服用して、お酒は夜になってからと徹底して分けることから始めました。

 

このお酒を夜に飲む習慣を何年も守ってきたのですが、習慣とは恐ろしいもので、最近ではプロペシアの副作用ということを忘れても、けしてお昼からお酒を飲むことは無くなりました。

 

飲酒という意味をトータルで考えると、プロペシアの服用を始める前より飲酒の量が多少ですが減ったように感じます。

 

特に、年末とかで多くのお酒を飲むような席でも、自分の規定量(たぶん毎日の飲酒の量)に達するとそれ以上は飲めなくなります。

 

プロペシアが原因なのかはわかりませんが、それはそれで良いことではないかと思っています。

 

また、プロペシア服用に関しては必ず水を飲むことを心がけています。

 

コーヒーやお酒と一緒に飲む方もいるようですが、ここまでくるとプロペシアの副作用が心配になるからです。

 

どうしてもコーヒーを飲まなければならないときは、多少でも時間を開けるようにしています。

 

この辺の科学的な根拠はないのですが、この辺の服用習慣もプロペシア副作用の心配があってのことです。