オオサカ堂の商品説明から引用

オオサカ堂の商品説明から引用してみた内容です。

 

個人輸入を体験するならば、商品説明にも目を通しておきましょう。

 

確かに、面倒なのですが、商品説明を読んでおくことで、プロペシア、ミノキシジルなどの理解を深めることができるからです。

 

個人輸入でのプロペシア、ミノキシジルを服用することは、国内では承認されていない薬で薄毛治療をしようということだからです。

 

管理人シバは、あえて大切なことばかりと思い抜粋しておきました。

 

◆商品説明
キノリンイエローフリーの新タイプのフィンペシアにての発送だそうでフィンペシア(有効成分・フィナステリド)と、ミノキシジルタブレット(有効成分・ミノキシジル)のセットです。

 

管理人シバはプロペシアだけでなく、ミノキシジルも同時に購入したことに加えて、ミノキシジルは10mg100錠を選びました。

 

これは少しでもトータル費用を安くすることと、さらに発毛効果を高める努力をしたわけです。

 

■フィンペシア
フィンペシアは有効成分・フィナステリドを含有する、男性型脱毛症治療薬です。

 

フィンペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

 

よって、フィンペシアで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

 

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

 

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。

 

フィンペシアは、女性の方の服用はできません。本剤は、経皮吸収(皮膚からの吸収)があるため、女性の方は本剤に触れることのないようにご留意ください。

 

上記のようにプロペシアはジェネリック品も含めて複数があります。

 

この辺の選び方に関しては、管理人シバの場合ですが「人気が高いもの」「シェアが高いもの」のどちらかから選び、あとは1錠当たりの費用を比較することで選びました。

 

その結果、フィンペシア(有効成分・フィナステリド)に関しては、フィナロイド (100錠)FinaLloyd 1mg [ LLOYD LABORATORIES] 28円/錠と、ミノキシジルタブレット(有効成分・ミノキシジル)のセットが一番お得で安全と発毛効果もアップすると考えました。(上記バナーから選択できます)

 

■ミノキシジルタブレット
ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬です。有効成分のミノキシジルを含有しています。

 

ミノキシジルタブレットは、血管平滑筋を弛緩させることで、血管を拡げて血圧を下げる薬です。

 

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、血管を拡げることで局所の血流の増加を促し、多毛を生じます。髪の毛をはじめとした体毛が濃くなる場合があります。

 

発毛剤・育毛剤であるリアップシリーズと同じ有効成分であるミノキシジルを含有したミノキシジルタブレットは、内服の高血圧治療薬です。

 

◆効果
フィンペシア1mg
男性における男性型脱毛症の進行遅延

 

ミノキシジルタブレット5mg/10mg
高血圧症

 

※上記は、英国での適応です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・薬剤師にご相談ください。
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

◆用法
フィンペシア1mg
男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mg(0.2錠)を1日1回経口投与する。必要に応じて適宜増量できるが、1日1mg(1錠)を上限とする。

 

ミノキシジルタブレット5mg
※下記の1日服用量を1日1回、あるいは2回に分けて服用してください。
※ただし、1日最大服用量である100mg(20錠)を超過しないこと。

 

成人に対して、1日服用量5mg(1錠)から開始することが推奨されています。

 

必要に応じて1日服用量20mg(4錠)まで増量ができ、その後、1日服用量40mg(8錠)まで増量ができます。

 

服用量を増やす際は、3日以上をかけて、1日あたり5〜10mg(1〜2錠)の範囲内で増量してください。

 

1日服用量が50mg(10錠)に達した後は、1日あたり25mg(5錠)の増量が可能です。

 

※上記は、英国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

ミノキシジルタブレット10mg

 

■下記の1日服用量を1日1回、あるいは2回に分けて服用してください。
※ただし、1日最大服用量である100mg(10錠)を超過しないこと。

 

成人に対して、1日服用量5mg(0.5錠)から開始することが推奨されています。

 

必要に応じて1日服用量20mg(2錠)まで増量ができ、その後、1日服用量40mg(4錠)まで増量ができます。

 

服用量を増やす際は、3日以上をかけて、1日あたり5〜10mg(0.5〜1錠)の範囲内で増量してください。

 

1日服用量が50mg(5錠)に達した後は、1日あたり25mg(2.5錠)の増量が可能です。

 

※上記は、英国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・薬剤師にご相談ください。

 

◆注意事項
フィンペシア1mg
粉砕・破損した場合は、成人男性以外は取り扱わないようにしてください。

 

服用するのを忘れた際は、思い出したときにすぐ服用してください。

 

※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

 

本剤の効果が確認できるまで通常6ヶ月は継続してください。

 

前立腺がん検診(PSA検診)を受診する際は、検査実施前に医師へ本剤服用の旨をご申告ください。

 

    ■以下の方は本剤を服用しないでください。

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人

 

ミノキシジルタブレット5mg/10mg
妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。ミノキシジルは母乳中への移行が確認されています。

 

心不全の方や、心臓発作の既往がある方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。

 

ほかの薬を服用中の方は、その旨を医師・薬剤師にご申告ください。

 

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。

 

腎不全の方や、透析をしている方は、本剤の服用量を減らす場合があります。医師に指示された服用量をお守りください。

 

本剤の服用後に、反射性頻脈が現れることがあります。

 

β-アドレナリン遮断剤または他の交感神経抑制剤との併用で抑えられる場合がありますので、詳しくは医師・薬剤師にご相談ください。

 

体毛が濃くなる場合があります。

 

乳糖不耐症、グルコース・ガラクトース吸収不良症の方は、本剤を服用しないでください。

 

    ■以下の方は本剤を服用しないでください。

  • ミノキシジルまたは本剤含有成分にアレルギーの既往がある方
  • 褐色細胞種が原因である高血圧の方

 

◆副作用
フィンペシア1mg
性欲減退、肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)などの症状が現れる場合があります。

 

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

ミノキシジルタブレット5mg/10mg
頻拍、心膜炎、多毛症、毛髪の色調変化、異常心電図などの症状が現れる場合があります。

 

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。