飲む育毛薬プロペシアの値段について

更新日2018.8.21/公開日2014.7.25

プロペシア 値段

 

男性型脱毛症であるAGAの治療薬としては、一般的にプロペシアが使われています。

 

これは現在のところ、日本では唯一認可されている医療用の医薬品であるからで、最近ではAGA治療専門のクリニックなども多くあるので、随分と身近な存在になったと言えるでしょう。

 

プロペシアを購入するには、医師の診断と処方が必要なので、必ず医療機関に足を運ぶ必要があります。

 

育毛剤を使用している人なら経験があるかもしれませんが、どんな育毛剤であっても継続的に使用していかなければ意味がありません。

 

即効性があり、かつ、永続的な効果が期待できる育毛剤はないので、使い続けることが前提となっているのです。

 

プロペシアにしても例外ではなく、服用している間は効果が持続しますが、服用をやめてしまうと効果も切れてしまいます。

 

継続して使用するとなると、気になってくるのがプロペシアの値段ですね。

 

長く続けるのであれば、安価であるに越したことはありません。

 

しかし、プロペシアは保険適用外となっていますので、全額自腹で負担する必要があるのです。

 

つまり、医療機関で処方された薬としても比較的に高額であると言って良いでしょう。

 

保険適用外となると、自由診療が適用されますので、基本的には各医療機関がその額を決めて良いようになります。

 

ですので、一概に値段を出すのは難しいのですが、2014年7月時点では、およそ1錠あたりの相場は200〜300円前後だと考えて良いでしょう。

 

1日に1錠服用することになるので、一月あたりに換算すると6000〜9000円ほどの計算になります。

 

プロペシア服用を費用だけで比較すると、1番はAGA発毛専門医院での処方、2番目は皮膚科での処方、3番目は個人輸入での服用となるのですが、プロペシアには副作用があることから、どれを選ぶのかは個人の自由となるのですが、管理人シバはAGA発毛専門医院での服用を選ぶことにしました。

 

その理由は、費用のことよりプロペシア副作用のリスクを一番と考えたからでした。

 

ですが、AGA発毛専門医院で服用を続けるのは発毛を体験できた時までと決めていました。

 

やはり、費用のことが厳しいかったからです。

 

そのあとは、費用を第一に考えて個人輸入をしてみようと準備を始めました。

 

管理人シバが個人輸入プロペシアの値段を検討した理由とは

 

飲む育毛薬プロペシアの値段について

 

 

ただ簡単に個人輸入のプロペシアを購入するといいましても、業者によっては粗悪品を販売していたりする業者もいることを聞いていましたので、個人輸入の業者選びにはとても注意が必要と思ったからです。

 

長くかかる服用期間があったことで、プロペシアの個人輸入業者を選ぶことにはそれほど困りませんでした。

 

個人輸入業者を選ぶ理由は信頼できる業者であるかどうかです。

 

どれだけ多くの人がこの業者を利用していて、その結果どうなったのかを重視して選ぶことにしました。

 

その結果、オオサカ堂という個人輸入業者を選ぶことになりました。


プロペシア100日分、ミノキシジル100日分で薄毛対策の効果を体験できる最低限の分量です。
どうしてもプロペシア服用で悩んでいるならば、この分量(100日分)を基準にして薄毛対策の効果と副作用を感じてみるのも良い選択なのかもしれません。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

 

管理人シバは、この業者からの個人輸入でプロペシアの購入をすることに決めました。

 

と同時に、大正製薬リアップに含まれているミノキシジルを成分とタブレットも購入することにしました。

 

その理由は、ふたつを組み合わせることでより発毛効果が高くなるということを聞いたからでした。

 

この場合の費用ですが、プロペシアと同成分のジェネリック フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ【1箱100錠】 2666円とミノキシジルタブレット5mg【1箱100錠】2739円を購入しました。

 

プロペシアはジェネリック版となりますが、このふたつを同時購入しても1日当たり54円くらいの費用となりました。

 

国産正規品プロペシアと比較するとすごく安くなるのですが、あまりにも安くなることから不安はありましたが、ある程度の発毛を確認できていたので、もし自分の身体に合わなければすぐに服用をやめるという条件で服用を始めてみました。

 

もし自分の身体に合わなければ即やめるとは、今確認できている発毛の状態が個人輸入のプロペシアの服用でどう変化があるかということです。

 

万が一、少しでも発毛にマイナスと感じれば、即やめるということをきつく心に決めておきました。

 

そして、今に至る(2018/8)わけですが、個人輸入で購入したプロペシアの服用でマイナスを感じることがなく、その結果として、今でも個人輸入で購入したプロペシアとミノキシジルのダブル服用は続いています。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印