プロペシアは効かなくなるのか?

プロペシアを服用し続けると途中で効かなくなるって本当? 目次

公開日2019.11

プロペシア中止

 

プロペシアはAGAに効果的な薬であり、ドクターによって処方されることになります。

 

そのため高い効果が期待できますが、薬なので耐性がついて効かなくなるのではないかと心配している人もいるでしょう。

 

体質は人によって異なっていますし、どんな薬でも効果の出方は変わってきます。

 

副作用や効かなくなるというリスクについて知っておくのがおすすめです。

 

この薬は1日1回の服用を続けるだけで簡単に薄毛を改善できるとされています。

 

プロペシアへの耐性についてはさまざまな見解がありますが、基本的に耐性ができて効かなくなることはないと言われています。

 

しかし、口コミをチェックすると効果が出にくくなってしまったという声もあります。

 

なぜそのようなことが起こってしまうのか知っておくと良いでしょう。

 

プロペシアには抜け毛の原因となるDHTの生成を抑える効果があります。

 

抜け毛を抑制することで髪の毛の健康を保つことに繋がります。

 

この薬は男性ホルモンの働きを阻害するというものであり、耐性がつくとは考えられません。

 

長期間飲んでいても効果がなくなってしまうということはありませんし、途中で服用をやめないように注意しましょう。

 

プロペシアの注意点とは

 

プロペシアの効果は人によって異なりますが、飲み始めて1〜2年で髪の毛の量は最大となります。

 

そして、3年以降は少しずつ減少していくことになります。これはAGAが進行したためであり、薬を飲んでも完全に脱毛を抑えられなくなってしまうのです。

 

プロペシアを飲まなかった場合はもっと抜け毛が進行してしまいますし、効果が出にくくなったという理由で飲むのをやめてしまうのは良くありません。

 

プロペシアは1日1回飲む薬であり、飲まずに1日経過してしまうと体外に排出されて効果が無くなってしまいます。

 

自己判断で飲むのを中止した場合、一気に抜け毛が進んでしまうこともあるでしょう。

 

効かなくなってきたという理由で飲む量を増やすのは良くありません。

 

この薬は安全性が高いとされていますが、過剰摂取した場合は副作用のリスクが高まってしまうのです。

 

量を守っていれば副作用が起こってしまうことはほとんどありません。

 

しかし、量を守らなかった場合、体への負担が大きくなってしまうのです。

 

過剰摂取しても効果がアップするわけではありませんし、毎日決められた量を飲み続けることが大切です。

 

プロペシアをやめたい場合はクリニックで相談しましょう。

 

何が不満でプロペシアの服用を一時中止するの?

 

プロペシアを服用し続けると途中で効かなくなるって本当?

 

管理人シバの体験談となるのですが、プロペシア副作用の心配があることから、一時的にプロペシアの服用を中止して様子をみることにしました。

 

まずまず発毛もできているのに何が不満でプロペシアの服用を一時中止するの?と人から聞かれるのですが、心配な副作用を避けることができると簡単に素人判断したからです。

 

その服用方法は、すべてを中止するのではなく、プロペシアの服用だけを一時中止してミノキシジル服用だけにしてみることにしました。

 

プロペシア服用を中止することで費用を削減できることと、プロペシアに頼らずミノキシジルだけの服用委で今の発毛状態を保てれば良いかな、と考えたからです。

 

試したのが2019年春頃からでした。

 

アッという間の6ヵ月後の結果となるのですが、ミノキシジルを服用し続けたのに以前の薄毛状態近くに戻ってしまいました。

 

このときは正直かなり焦りました。

 

というわけで、2019年9月頃から再びプロペシア、ミノキシジルの同時服用を再開したわけです。

 

今回のお試しで、プロペシアが薄毛に対する効果が大きいことを身をもって実感したことになります。

 

また、2019年9月頃から11月頃の今までプロペシア、ミノキシジルの同時服用に戻しているわけですが、薄毛状態に戻る速さに比べて、再度発毛する遅さは深刻レベルかもしれません。

 

今回のお試しは、「あなたは薄毛のままでよいのか、発毛をしてほしいのか」のどちらか2択を問われたように思いました。

 

なんとしても発毛がしてほしいと始めたAGA発毛でしたが、長い期間の服用で気持ちにブレが生じたのが今回の原因かもしれません。

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印