プロペシアを病院で欲しい場合の入手方法とは?

更新日2018.8.20/公開日2014.7.25

プロペシア 病院

 

男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアは、飲む育毛剤としても有名です。

 

このプロペシアですが、購入するのなら2通りの方法が考えられます。

 

1つは、医療機関にて診察をしてもらい、処方箋を書いてもらう方法です。

 

一般的には皮膚科などで診察を受けることで、処方箋を書いてもらえるのですが、やはり脱毛症の治療薬をもらうのに他人の目があると恥ずかしいと考える人も少なくありません。

 

そうした時には、男性型脱毛症の治療を専門的に行っているAGAクリニックでの入手方法をまとめてみました。

 

男性型脱毛症の治療を専門としているだけあって、他人とは会わないようにプライバシーの配慮がなされており、基本的には予約制となっています。

 

また、AGAクリニックに勤務するスタッフは男性のみといった場合もあるので、女性からの視線が気になるということもありません。

 

最初は、このようなシステムに慣れないことからちょっと驚くかもしれませんが、他の人と重なり合わない気配りは良い方法のように感じました。

 

と言いますのは、男性型脱毛症の治療の場合は、自分の見た目に何らかの負い目みたいな気持ちを持っている場合もあるからです。

 

特に、異性に見られるという恥ずかしさは、これを経験した人しかわからないものです。

 

普段は、帽子などをかぶってそれとなく過ごしているのですが、それであったとしても、目の前にいる異性と面と向かって向き合うという行為になれば、それこそAGAクリニックに行くだけでも足が重くなるということもあるからです。

 

気持ちとしては、余計なことを考えないで男性型脱毛症の治療だけに集中できる環境をもっているかどうかを判断基準にAGAクリニック選びをしてみましょう。

 

もう1つのメリットとしては、こうしたAGA専門のクリニックでは診察代は無料であることが多い点ですね。

 

その代わり、院内に併設されている薬局でプロペシアなどの医薬品を購入することになり、その医薬品代金でクリニックの利益を出すといった方法のところも少なくありません。

 

基本的にプロペシアは上でも書いたように保険適用外なので自由診療となり、クリニックごとに料金設定はバラバラですので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

AGA専門病院の費用比較とは

 

一般的な人気のAGA医院の費用をグラフにしてみました。

 

治療の方法も治療薬、そしてシステムもそれぞれの医院で違いがありますので、自分に一番合うAGA医院を選ぶことが大切となります。

 

特に大切なことは、費用がどのくらいかかり、どのくらいで発毛の体感ができるのかなど、多くの質問をすることで、その説明を聞きながら自分は納得できるのかでAGAクリニックを選ぶようにしましょう。

 

AGAクリニックの説明では、男性型脱毛症の治療の説明を大まかにかいつまんで話す場合も多くあるのですが、なにかひとつでも良いですので、深く掘り下げて説明をしてもらえたのかでAGAクリニックを選ぶときの基準にしても良いと思います。

 

なぜならば、実際に長い期間での服用と診断を繰り返すことになりますので、その間に、どうしても聞きたいという質問、不安、心配が必ず出てくることになるからです。

 

そんなときに、しっかりと自分の状況や立場に沿って対応をしてもらえるAGAクリニック、担当医師に診てもらうことが大切だからです。

 

特に、管理人シバが大切にしたのは、クリニック医師との相性です。

 

どんなに優秀な医師であっても、相性がうまく合わないと落ち着いて診察を任せる気にならないことってあると思うからです。

 

場合によっては、同じAGAクリニック内で、他の医師に変更することができるのかもきいておきましょう。

 

医師の変更ができるということは、ある意味とても大切なことと思います。

 

優秀な医師でも自分の意見ばかり話してこちらのことをまったく聞かない人がいたり、不安なことを相談したいと思っているのに話をする雰囲気になれない人がいたりとか、医師でもいろいろな人柄の方がいるからです。

 

できれば、自分との相性があっていて、こちらの話を聞いてくれて、それに対して的確な診断をしてくれる医師を選ぶことが大切です。

 

AGAスキンクリニック

●プロペシアを病院で欲しい場合の入手方法とは?

AGAスキンクリニックの特徴

全国規模男性専門発毛病院
(全国31院の提携クリニック)
発毛実感率99.4%
※発毛実感率99.4%は2011年5月〜2013年1月の期間に治療を6ヶ月間継続いただいた400名の患者さまを対象にクリニックアンケートにて調査いたしました。


手軽に始める薄毛対策
・発毛医療のパイオニア
・全国ネットワーク
・カウンセリング完全無料
・プライバシー重視



AGAスキンクリニック


価格

月3400円〜

評価
評価5
備考
AGA治療、男性発毛実感率では99.4%
クリニック
・全国規模の男性専門発毛病院(全国31院の提携クリニック)
初診、カウンセリング

初診、カウンセリング無料
初診料無料
処方料込、再診、継続処方料無料
血液検査2回(必要)無料

診療費

ベーシックプラン(国内承認薬)
ジェネリック医薬品フィナステリド錠1r
FCI
初回:3,400円 2回目以降:4.800円
ファイザー
初回:3,400円 2回目以降:6,000円
プロペシア
初回:4.200円 2回目以降:7,000円
ザガーロ
初回:4.800円 2回目以降:8.200円


治療内容

発毛実感率99.4%
・発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院。
・特徴は月5,500円から手軽にAGA治療が始められる。
・診察後、患者の発毛にあう治療方法を提案する。



AGAスキンクリニック費用の詳しくはこちら≫


●プロペシアを病院で欲しい場合の入手方法とは?

 


管理人シバのひとこと


薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、


そういうことで管理人シバは迷いました。


やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。


薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。


何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。


最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。


その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。


それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。


確かに、費用の面では、AGA専門医院より個人輸入の方が安いのですが、ただプロペシアを服用することで発毛があるという以外に、いろいろとあったからです。


そのいろいろとは、プロペシア副作用のこともあるのですが、子供作りでの服用に関してとか、発毛した後の服用方法とか、ともかく、プロペシア服用に関するすべてに関して、その都度、適切なAGA専門医師のアドバイスを受けることができたからです。


最初っから個人輸入のプロペシア服用で始めていたら、自己判断での服用となることから、そのあと何かあったとしても、それを服用し続けるしか方法がないという危険な状態になったからです。


僅かな費用をケチることで手に入れることは、大切な自分の身体と、自分の人生だということに気が付いたわけです。


損して得とれ、という昔からの言葉もあるようですが、まさにこのことがその言葉だと感じました。


あくまでも、管理人シバの意見であって、皆さんとは違いもあるでしょうが、それでも少し参考にならならばとても幸いです。



 

町によくある皮膚科でもプロペシアの処方はできるの?

 

もう1つの購入方法は、町によくある皮膚科での受診によって国産プロペシアの処方をしてもらえる方法です。

 

AGA発毛専門医院と比べると、費用的には安く済むのがメリットなりますが、発毛に特化しているわけではありませんので、発毛のことに対しては十分な説明ができない皮膚科があることがデメリットとなります。

 

それこそ、複数の皮膚科を回って「発毛でプロペシアの処方をしてほしいのですが、発毛での相談にも乗ってもらえますか?」と聞いてみることになるのですが、その結果は、すべての皮膚科の先生は大丈夫!といわれると思います。

 

ですが、発毛を専門にして研究している医院と、普通の皮膚科医院では、プロペシアの処方はできても、なにかあったときの対応が違うということも理解しておきましょう。

 

管理人シバがクリニックで診断を受けて思ったこと?

 

●プロペシアを病院で欲しい場合の入手方法とは?

 

 

管理人シバは、費用のメリットを考えて町の皮膚科にも行って自費治療の説明を受けてきました。

 

その時のことなのですが、毎日何錠服用して、何錠分でいくらなのかの説明と自費治療の説明、次回は診療では再来院となるため少し安くなること、後は、医院の休日が書いたパンフレットと診察券を貰って帰ってきました。

 

すべてとは言えませんが、町の皮膚科では、プロペシアの服用をするけれど発毛に関してのプロペシアの説明、副作用の説明、なにかあった時の対応に関しては発毛専門医院と比較するとすこし薄い対応しかできないということのようでした。

 

同時に、AGA発毛専門医にも行きましたが、その違いをしっかりと肌で感じることがてきたわけです。

 

管理人シバのクリニック選びは、国産プロペシアを選ぶ=リスクを軽減と、なにかあったときの対応を重視して医院選びを決めたわけです。

 

その答えは、AGA発毛専門医院を選びました。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印