男性型脱毛症の方にプロペシアは有効か?

プロペシア 男性型脱毛症

 

近年では薄毛に悩む方が増加しているそうです。

 

薄毛の悩みと言えば、少し前までは男性特有のものであるといった認識がありましたが、女性でも悩む人は増えています。

 

男性の薄毛の原因としては、その8割ほどが男性型脱毛症と呼ばれるものです。

 

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれており、思春期以降に発症する脱毛症になります。

 

欧米男性の場合は前頭部が薄くなる人が多いのに比べて、日本人の男性型脱毛症では、前頭部の毛は比較的保たれているのに対して、頭のてっぺんの髪の量が少なくなるそうです。

 

ちなみに、男性型脱毛症の発症率は、欧米人ではおおよそ50%と、日本人はおおよそ30%、中国人と韓国人はおおよそで20%と人種的にも差異があるようです。

 

額の生え際が後退していく、頭頂部のつむじの部分が薄くなっていく、またはその両方が起こってしまうというものであり、少しずつ進行していくのが大きな特徴です。

 

1度発症してしまうと治療するのが難しく、最終的には痩躯東部と後頭部を残して、髪の毛が生えてこなくなります。

 

そんな男性型脱毛症であるAGAの特効薬とも言われているのが、プロペシアです。

 

飲む育毛剤とも言われており、現在の時点では男性型脱毛症に効果が認められている唯一の医薬品になります。

 

男性型脱毛症の明確な原因は不明なのですが、脱毛が起こるメカニズムは男性ホルモンが大きく影響していることが解っています。

 

その男性ホルモンの影響を抑制する効果があるのが、プロペシアなのです。

 

つまり、男性型脱毛症で抜け毛が増えてしまう原因そのものに対策することができることから、非常に効果が期待できる医薬品だと言えるでしょう。

 

ただし、プロペシアの効果は抜け毛の予防をすることになるので、今ある髪の毛を守ることに長けた効果を持っています。

 

現時点で抜けてしまった髪の毛を再び復活させるという効果を期待するのは難しいので、その点もあわせて覚えておくと良いでしょう。

 

また、プロペシアの服用には副作用が出る場合もありますので、プロペシア副作用のリスクを減らす方法も同時に考える必要があるようです。

 

たとえばなのですが、最初っから個人輸入のプロペシアを試すのではなく、費用は高くなってもAGA専門医で診断処方をする方法です。

 

ある程度、発毛育毛の実感でできてからでも個人輸入を試すのは遅くはないからです。

 

しっかりと発毛育毛の実感を感じてから、費用を安くするために信頼のおける個人輸入会社で試すことにしましょう。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印