プロペシアの服用中に子供ができても大丈夫?

更新日2019.3.13/公開日2015.1.04

プロペシア 子供

 

 

 

プロペシア服用での副作用の心配もあって、初期のころに副作用の質問をしたのだけれど、妊娠と女性にからむ注意点をいくつか言われたよ。

 

というのも、この副作用が一番多いことと、近い将来に妻が妊娠を控えていたから。

 

そこで心配になったのが、性欲減退と勃起不全、精液が少なることでしたが、そこまでは大丈夫だったようです。

 

次の心配が誤って薬を触れてしまうということでした。

 

その対策としては、自分だけした届かなく、自分だけしかいじらない場所へ移しました。

 

想定されるすべてのリスクを考えて対策をしたという感じでした。

 

あと、服用している薬に関しては、妻の様子見をしながら、少しでもいつもと違う異常を感じたならば、なにも考えずにとりあえず一旦中止することも考えていました。

 

管理人シバは副作用の自覚症状を少しだけ感じていたので、かなり神経質になっていたのかもしれません。


 

プロペシア副作用に関しての自覚症状について

 

プロペシアは男性型脱毛症における治療薬であり、日本だけではなく、世界的にも高い人気を誇っている薬です。

プロペシア 費用

 

しかし、プロペシアはその高い効果が認められてはいるのですが、副作用としてのデメリットもあり、その点をしっかりと理解しておかないと後悔することがあるかもしれません。

 

プロペシアの副作用の1つとして、男性機能の低下があります。

 

精子数が減少したり、性欲が減退したり、EDの症状が出たりと様々なものがあるのですが、子どもを作ろうと考えているのなら先に医師と相談した方が良いかもしれません。

 

何故なら、プロペシアに含まれるフィナステリドは、女性やお子さんが服用したり、触れたりするだけで、大きな影響を与える可能性があるからです。

 

フィナステリドは5アルファ還元酵素を阻害して、男性ホルモンの抑制をするといった働きを持っています。

 

しかし、本来作られるはずだったジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、男性器の形成などの働きも持っているのです。

 

つまり、フィナステリドを服用したり、触ることで、妊娠中の女性なら胎児に大きな影響が出るリスクがあるので、十分な注意が必要になってきます。

 

では、プロペシアを服用している時に、女性が妊娠してしまったらどうなるのかと言うと、現在の時点では子どもに影響があったという報告はされていません。

 

しかし、プロペシアは販売が開始されてから20年も経過していない新しいものなので、その結果を信じて良いかは解らないと言えます。

 

事実、医師に相談した時に、今までは問題がなかったけれど、責任を持って大丈夫とは言えないと言われた人もいるそうです。

 

ですので、仮に子どもを作る計画があるのなら、プロペシアの服用は医師と相談するか、授乳期間が終わってから服用するなどの配慮をしておいた方が良いでしょう。

 

管理人シバの自身の場合になるのですが、プロペシアの服用を始めてから1年半くらい経ったときに子供の出産がありました。

 

事前に、精子数が減少したり、性欲が減退したり、EDの症状が出たりの話を聞いていましたので多少の心配はありましたので、医師による相談をした記憶もあります。

 

結局、多くの心配はあったのですが、生まれてきた子供は無事順調に育っていますので、子供に関しての影響は無かったようでしたのでホッという感じです。

 

管理人シバの場合はどうだったのかといいますと、精子数が減少したりに関しては、多少自覚症状があったかもしれません。

 

性欲が減退したりに関しては、以前と比べると異性に対しての見方に変化があったことからこれも多少実感があったと思っています。

 

この辺のことをトータルで考えると、管理人シバの場合はこの部分に実感がありましたので、プロペシアの副作用が影響しているのではないかと思っています。

 

プロペシアの副作用を実感した場合ですが、一番不安や心配になることになりますので、自分でプロペシアの知識をもっているか、相談できる医師の存在を考えておいた方が良いと思いました。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印