40代、50代でもプロペシアの効果は期待できる?

更新日2018.8.20/公開日2014.12.23

プロペシア 30代、40代、50代

 

 

プロペシアの服用は40代、50代の方でも効果があるのか

 

成人男性ならば40代、50代でも効果があるのか、と言う疑問に関してですが、基本的にプロペシアの効果を期待することはできると思います。

 

しかし、若い方が服用するのと同じような効果の出方は期待できないようですね。

 

これは年齢によるもので、ある程度の効果を期待することはできますが、過剰な期待を抱くのはやめておいた方が良いでしょう。

 

また、プロペシアの効果をはっきりと書いてしまうと、男性型脱毛症である場合のみに効果を発揮します。

 

別の脱毛症が起こっているのなら、プロペシアを仮に服用しても大きな意味はないでしょう。

 

特に高齢者の方の場合は、老人性脱毛症が進んでいるケースが多いようです。

 

老人性脱毛症とは60歳以降に発症するものであり、加齢そのものが原因となって細胞の活性が鈍ることから、抜け毛が増えていき薄毛が目立ってくる症状となります。

 

いわば老化現象の1つなので、性別も関係なく、ある程度は誰にでも見られるものだと言えます。

 

老人性脱毛症は上でも書いた通り、老化現象の1つなので、改善することはかなり難しいです。

 

改善方法としては、育毛剤などを使って頭皮に栄養を与えたり、マッサージをすることで頭皮の血流を促進するなどのヘアケアを行うしかありません。

 

劇的な改善が見られることはほとんどなく、進行を抑える程度であると考えておくと良いでしょう。

 

老人性脱毛症の場合は、禁煙をする、生活習慣を整えて早寝早起きをするようにする、などのような対策を取ることも有効です。

 

また、老人、高齢者の方は、発毛とともに白髪の問題もあるようです。

 

どんなに発毛しても、毛髪のほとんどが白髪となってしまったら、見かけと言う意味からはちょっと劣ることになるからです。

 

白髪が進行する原因は加齢で、歳を重ねることにより、メラニン色素を産出するメラノサイトが減少、消失することで期間をかけて少しづつ白髪が増えていきます。

 

40代、50代でもプロペシア服用で発毛できたのか?

ハッキリ言って、40代、50代でも発毛効果はあるようです。

 

AGAスキンクリニックでは、マックスで70歳代の発毛を体験したことがあるとAGA専門医院の医師から聞くことができました。

 

ですが、若い人と違い、マックス70歳代での発毛効果に関しては、多くの時間が必要だったそうです。

 

プロペシアで白髪は改善できるのか?

 

それもよく聞かれる質問なのですが、残念ながら、発毛対策と白髪対応はまったく無縁で、違うことのようです。

 

ですが、発毛対策をしていれば毛髪があるわけですので、白髪対策としてカラーリングができたりもするわけです。

 

ただし、それは毛髪があればの話で、まったく毛髪がなくなればなにもすることができません。

 

それって、ただのつるつるの禿げ頭ということだからです。

 

高齢の方の発毛効果は期待できないと言われるようですが、だからと言ってけして諦める必要もないように思えました。

 

管理人シバの40代、50代のプロペシア服用の効果

 

年齢が40代、50代ともなると、ある意味で剥げていても年齢からしてみれば普通のことですので、わざわざ発毛のために副作用のリスクを犯したり、お金をかけて発毛する必要がどこまであるのか疑問に思えます。

 

確かに、その通りなのですが、他の人にとっては疑問なことでも、本人にとっては、一大事ということなのでしょうか。

 

その結果となるのですが、50歳代、60歳代でも立派に発毛ができるそうです。

 

管理人シバが思いますに、やったらやった分の発毛を体感できるのではないでしょうか。

 

他にも、白髪の問題もあったのですが、毛髪さえあればカラーリングをすることで、発毛さえあれば見た目をなんとかすることはさほど難しいことではないからです。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印