女性は飲んじゃいけない?男性専用脱毛症用薬プロペシア

プロペシア

 

 

妊娠中、授乳中の女性には厳禁のプロペシアとは

 

近年では女性でも薄毛の悩みを抱えている人が増えています。

 

プロペシア 費用

そこで様々な育毛剤が発売されているのですが、飲む育毛剤として男性の薄毛に効果的なプロペシアはどうだろう、と考える女性がいるかもしれません。

 

育毛剤なら何でも良いという訳ではなく、男性の薄毛と女性の薄毛では、薄毛が起こってしまう原因は異なるものです。

 

つまり、男性用の育毛剤が女性の薄毛に効果があるとは言い難いものがあります。

 

当然プロペシアにも同じことが言えます。

 

結論を先に書いてしまいますと、プロペシアは男性専用の医薬品であり、女性が飲むことはできません。

 

特に、妊娠中、授乳中の女性に関しては、胎児に異常が起こるリスクがあることから、触ることも厳禁だとされています。

 

皮膚から成分が吸収し、胎児や赤ちゃんに影響が出てしまうからです。

 

これはプロペシアの有効成分であるフィナステリドに起因します。

 

フィナステリドとは、そもそも男性特有の疾患である前立腺系の病気の治療薬として、開発されてきた経緯を持つ成分です。

 

その作用は男性ホルモンに働きかけるものであり、ホルモン剤の1種であるのです。

 

このことから、男性にとっても副作用が心配される薬なので、女性が服用することだけではなく、触れることも禁じられています。

 

ご家庭で旦那さんがプロペシア服用している、彼氏が飲んでいるといった場合、女性は十分な注意が必要だと言えるでしょう。

 

また、男性側でも女性には触れさせないようにきちんとした管理を行う必要があります。

 

この辺のこともAGA医院に行けば、事前の注意事項として説明をしてもらえます。

 

問題な何かと言いますと、このような大切なことも知らないで、いきなり安いと言われる個人輸入でプロペシアの服用を始めてしまうことです。

 

知らなければなんでも許されるということはけしてありません。

 

それよりも怖いのは知らないで、取り返しのつかないことをしてしまうことです。

 

プロペシアは薬ですが、使い方によっては劇薬になることがあるということです。

 

まず、しっかりとプロペシアの注意事項を知っておきましょう。

 

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印