プロペシアの副作用で男性機能の低下(ED)を引き起こす

更新日2019.3.10/公開日2018.3.8

プロペシア 副作用,男性機能,低下,ED
<p>

 

 

 

管理人シバも軽い性欲減退の自覚症状があったよ。

 

たぶん、発毛薬の服用が原因と思うのだけど、事前に性欲減退の副作用の話をAGA専門医院の医師から聞いていたので、そんなに驚くこともなかったんだ。


 

 

えーっ、そうなんだ。性欲減退を感じたって、いったいどんな気分なの?


 

 

診察時に副作用があることを聞いていたので心配はほとんどないけど、勃起不全ED、性欲減退の他にやる気の減退、頭皮のかゆみの症状があったんだよ。

 

あくまでも、自覚症状ということなんだけど、それが発毛薬が原因なのか不明ということで、検査と様子見という診断になったよ。

 

もし、検査などに数字でわかるように症状がでるならば、服用している発毛薬を一時中止したり、他に変更したりということを言われたよ。

 

その時の自覚できた副作用の症状は、性欲減退=やや〇、やる気の減退=?、頭皮のかゆみ=?って感じの自覚症状だったんだよ。

 

AGA専門医院の医師に診断してもらったことであまり心配になることはないのだけど、万が一個人輸入のように医師の診察が無い場合だと、そのときは自己診断になるからちょっと心配になるのも仕方ないよね。


 

 

副作用ってちょっと怖いんだね。

 

でも、しっかりとAGA専門医院の医師に対処してもらえれば、不安な発毛薬も安心して服用することができるんだね。


 

 

全然そんなことではなく、AGA専門医院の医師の診察で行なえば難しいことはないよ。


 

管理人シバが自覚した副作用とは

管理人シバが自覚した副作用の症状をまとめてみました。

 

表の項目は、管理人シバが自覚した症状からまとめてみたのですが、それがほんとにプロペシアの副作用によるものかどうかも不明ですし、個人差によってまったく自覚出来なかったということもありますので参考程度にしてください。

 

その結果、再来院した時に医師による診察を重ねて、より安心な状態で発毛を進めていくことになりました。

 

性欲減退 やや自覚症状があり
勃起不全などED たぶん?自覚症状なし
やる気の減退 たぶん?ややあったかもしれない
頭皮のかゆみ 一時的に自覚症状があったかもしれない
肝臓の不全 ほとんど自覚症状なし
筋肉が落ちる たぶん?ややあったかもしれない

 

プロペシアで男性機能の低下でEDになる

 

プロペシアは非常に効果の期待できる育毛剤ですが、副作用もあるので使用をする時にはリスクを理解して置かなければなりません。

プロペシア副作用 ED

 

その中のひとつとして男性機能の低下でEDの症状が見られるというものがありますが、確率的にはそれほど高いものではありません。

 

確率としては1パーセントに満たないぐらいであるため、プロペシアの問題というよりは思い込みによってEDになってしまったというケースが大半だと考えられます。

 

しかし、現実的にプロペシアを使用したことによって男性機能が低下をしてしまったと感じる人がいるというのは事実ですから、絶対にリスクがないわけではないということを覚えておくことが大切です。

 

薬というのは万人に対して安全なものというのはないので、EDとは無関係といっても特定の人にだけ悪影響を及ぼすということは珍しい話ではないため、勃起不全になってしまうという可能性は否定することはできないのです。

 

気にするほどのレベルではありませんし、神経質になりすぎることもないのですが、試す前には知っているかいないかでは大きな違いがありますから、可能性はあり得るということだけ十分に理解をしておくようにしましょう。

 

性欲の減退まで含めると確率は高まる

 

プロペシアを使用することで、勃起不全になってしまうという確率は1パーセントにも満たないもので、薬の影響の度合いとしては無視できるレベルのものですが、性欲の減退を含めると1パーセント以上の人が影響があったという結果もあるだけに、全く無視することができるというものでもありません。

 

また、問題となるのはEDになってしまった時にはプロペシアをやめればそれで元通りになるわけではなく、やめても副作用自体は残り続けることがあるということです。

 

普通に考えればプロペシアが原因で男性機能が低下しているのであれば、やめれば元通りになると思いがちですが、やめてももとに戻ることはなく副作用だけが残ってしまいます。

 

こうなると薄毛治療も中断をしてしまうことになりますし、それに加えてEDになってしまうということにもなるので、男性にとっては非常に大きなリスクだといえます。

 

可能性としては低いことであり、更にプロペシアとの因果関係もはっきりしていない部分がありますから、心配な人は医師に相談をして使用を決めることが大切です。

 

このような症状はプロペシアの副作用の中では気にするレベルではないにしても、可能性としては存在することを理解しておきましょう。

 

管理人シバは性欲減退に心当たりがありました

 

プロペシアの副作用で男性機能の低下(ED)を引き起こす

 

    管理人シバは性欲減退に心当たりがありました

     

    プロペシア副作用での確率としては1パーセントに満たないぐらいであるようなのですが、管理人シバも性欲減退に心当たりがあったひとりかもしれません。

     

    男性機能そのものがまったく低下したというわけではないのですが、異性に対しての興味が多少薄れたような自覚症状がありました。

     

    よくある治験での副作用の報告なのですが、男性機能の低下や性欲の減退など性に関するものが大半だったと言われるように、すべての副作用の中でも確率が高いようです。

     

    そもそもプロペシアのフィナステリドには性欲に関与するテストステロンを減らす作用はありませんので、理論的にも男性機能に影響を及ぼすことはないそうですので、多くは自覚症状ということなのではないかと思います。

     

    特に、プロペシアの服用を始めたばかりのころですと、この辺のことをしっかりと理解していないことから、プロペシア服用=男性機能の低下をすぐに結び付けてしまう結果となり、必要以上にプロペシア副作用の不安が増大してしまうことになると思います。

     

    できれば、最初の段階では、なるべくAGAを専門にしているクリニックで処方をしてもらい、何かあったときにでも医師に対処してもらえるようにしておくことがベストではないでしょうか。

     

薄毛対策のリスクをできるだけ回避して選ぶ2つの方法


薄毛対策


安心のAGA専門医院で選ぶ人気の個人輸入で選ぶの2つを比較してみました。


なぜならば、薄毛対策をすることで自分の身体に影響があることになるかもしれないからです。



薄毛対策でAGA専門医院はこれやった方がいいのかな?とか、やっぱりどうしようか迷うよな?とか、、



そういうことで管理人シバは迷いました。



やっぱり薄毛対策では、費用のことが一番に気になったのがその理由です。



薄毛対策をしたい、でも費用をケチりたいというケチケチ根性も強くあったからです。



何度も、自分の頭の髪の具合を鏡で見て、どうしょうかと迷い続けました。



最初は、どうしても薄毛対策を優先するという気持ちが、しばらく経つと、やっぱり費用を優先することが大切に変わっていたようです。



その結果、悩んだ末に選んだのは個人輸入プロペシアではなくAGA専門医院での治療でした。



それを決めたときは、最後まで迷いがあったのですが、それから4年後の今ではそれが正解だったことがハッキリとわかりました。



確かに、費用の面では、、。

ブライダルフェア 矢印