薄毛は改善されて行ったけれども

プロペシアは効果もあったが副作用もあった 目次

プロペシア 薄毛

 

髪の毛に育毛剤を試す

 

30代目前にして髪の毛だけはかなりきている状態で、完全に禿げてしまうのではと心配でした。

 

色々な育毛剤を試してみましたが効果はなく、ケアにも気を使っていたのですが無情にも髪の毛はどんどん抜け落ちていったのです。

 

あまりにやばい状態を実感で感じましたので、頭のスイッチが入ってしまいました。

 

髪の毛をなんとかしょうです!

 

その理由から、どうにか髪の毛を取り戻す方法はないのかと本気で調べてみたところ、プロペシアというものが薄毛治療に用いられるということだったので病院に行って処方をしてもらいました。

 

効果が出るまでには時間がかかるということで、これが最後の希望という感じでプロペシアを使ったところ三ヶ月ぐらいにして髪の毛が少しずつではありますが増えてくることを実感できました。

 

これはすごいと思っていたのですが、時同じくして別の副作用も感じられるようになってしまいました。

 

病院の先生から副作用の話を聞いていたのですが、可能性としてそれほど高くないということだったので、気にしていなかったのですが、まさかその可能性の低い症状が出てしまったのです。

 

自分がプロペシアによってもたらされた副作用というのは、性欲の減退と勃起力の低下でした。

 

たまたまだったのかもしれませんが、タイミング的にも同じぐらいでしたのでプロペシアが原因としか思えませんでした。

 

日に日に状態は悪化していくような気がして、、

 

プロペシアで髪の毛が生えてきたのを喜んだのも束の間、EDになってしまって少なからずショックを受けてしまいました。

 

最初は最近性欲が減退しているなという感じだったのですが、はっきりとした勃起力の低下も感じられて、これはもしかしてプロペシアが悪影響を及ぼしているのではないかと思い始めました。

 

プロペシアは効果もあったが副作用もあった

 

プロペシアの副作用としては、ほとんど気にしなくていいというレベルのもののようでしたから、全く関係がなかったのかもしれませんが、それ以外に思い当たるフシがないだけにこれが原因だとしか思えませんでした。

 

気になり始めるとそれが余計に気になって、更に状態は悪化していくような気がしてついにはほとんど勃起をしなくなってしまったのです。

 

プロペシアをやめたらもとに戻るのかという気持ちと、せっかく髪の毛が生えてきたところをやめてしまって、また元通りになってしまったらどうしようかという不安も大きくありました。

 

治療をこのまま続けるのがいいのか、一旦やめてしまうのか、あるいは並行してED治療を行うのがいいのか悩んでしまいました。

 

あまり考えすぎるとストレスとなり、それが原因で薄毛が進行することもありますので、早い段階での不安解消が必要と感じました。

 

その結果、最終的にはAGA専門医師と相談をして、薄毛治療を優先することなったのですが、万事上手く行くわけではなかったことで残念な気持ちが残りました。

 

最低でも、プロペシアの副作用を想定して、このようになった時の対応も考えておくことがとても大切だと実感しました。

 

今回はAGA専門医師の診断とアドバイスがあったことでうまくいきましたが、もし個人輸入のプロペシアを服用していてこのようなことになったならば、誰に相談したらよいのかまったくわからず困ったことになっていたと思います。

 

プロペシアの副作用の確率は低いのですが、もし、その低い確率で自分に該当してしまったらと考えたら、ちょっとどころではなくマジにプロペシア服用の服用では注意しなければいけないと思った次第です。

 

ですので、プロペシアでの発毛は欲しいけどプロペシアの副作用を同時に考えて、安全に安心を得るために、何かあったときに専門医師に相談できる環境作りを事前にしてからプロペシアの服用をすることをおススメします。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る