最後の頼みの綱とプロペシアを試すことに

プロペシア

 

AGA医院でプロペシアを試す

 

10代の頃から髪の毛が薄くて怪しい感じがあったのですが、それだけに20代後半にはかなりきている状態でした。

 

いろいろな物を試してみるも髪の毛が生えてくることも、薄毛を食い止めることができませんでした。

 

これはもうだめかもしれないと思ったのですが、30代前半ならまだ可能性があるかもしれないと考えていた時に知ったのが、プロペシアだったのです。

 

医学的に効果が認められている発毛剤ということでしたから、今まで何を試しても駄目だった自分でも効果あるかもしれないと藁にもすがる思いで試すことにしました。

 

副作用がある強い薬ということもしっていましたので不安にもなり、しっかりとしたAGA専門病院に行って処方をしてもらうことになったわけですが、処方自体は特別問題なく、すぐに手に入れることができました。

 

費用が結構かかっただけにこれで生えなかったらどうしようかという心配がある一方で、AGA専門病院で処方をされるものだから生えるに違いないという希望もありました。

 

どちらにしても結果が出るのは半年は先ということでしたから、慌てず焦らず使うことにしたわけですが、プロペシアの副作用に悩まされる不安もあり、安心して最後まで使い続けるには前途多難でした。

 

わかっていたけど初期脱毛は不安だった

 

プロペシアの副作用として、使いはじめたときは脱毛が増えるという話を聞いていて、心配していたところまさに自分はその効果が現れてしまいました。

 

本当にこんなに抜けて大丈夫なのだろうか、体質にあっていないだけでこのままハゲになってしまうのではないかと心配もかなりありました。

 

プロペシアの効果が現れるには半年以上はかかるということにもかかわらず、初期脱毛は比較的早い段階で起こっただけに、使い続けて良いものかどうか悩んでしまったのです。

 

しかし、ここでやめてしまえば無駄に髪の毛が抜けてしまっただけですから、薬の効果を信じて最後まで使い続けることにしました。

 

途中からは初期脱毛もなくなり安定したような感じがあって、髪の毛が増えることはありませんでしたが、それ以上減ることもありませんでした。

 

抜ける毛もなくなってしまったのではないだろうかという気にならなかったわけでもありませんが、使い続けたところ少しずつではありますが確かに髪の毛が生えてきたのです。

 

今までどのような育毛剤を試しても効果がなかったのが、プロペシアは私には確かな効果がありました。

 

初期脱毛という重大な副作用があっただけに、不安でいっぱいでしたが最終的には髪の毛が生えてきて良かったです。

 

あと、プロペシア服用の費用に関してですが、どのくらい飲み続けるのかにもよると思いますが、多少でも効果が認められるならば服用を続けることになりますので、それに比例して費用がどんどん増えていきます。

 

その理由から、多くの方が個人輸入プロペシアの選択も考え始めるのではないでしょうか。

 

ですが、個人輸入プロペシアは、費用は安いのですが偽物や成分のリスクがあるようです。

 

できれば、しっかりとした個人輸入業者を選んだり、偽物や成分のリスクのないプロペシアを提供している業者を探す必要があるようです。

 

また、一般的な例となるのですが、多くの人が考えることは第一に「本当に発毛はあるのか?」、第二に「費用はどのくらいかかるのか?」の2点ばかりを考える方が多いように思います。

 

本当に、一番に考えなければいけないことは「プロペシア副作用」に対してではないでしょうか。

 

もちろん、発毛することも、費用のことも大事なのですが、プロペシアの服用で副作用が出たときはどうするのかということです。

 

できれば、最初の段階ではAGA専門医による診断と処方が一番安全となる事を知っておきましょう。

 

つまり、プロペシアの服用を始めて何かあったときに、だれかに相談をすることができる環境作りをしておくわけです。

 

 

 

トップへ戻る