男性ホルモンに与える影響を考えたプロペシア体験談

プロペシア

 

男性ホルモンに与える影響がとても心配なプロペシア服用

 

男性にとって自分の頭が薄くなっていくことほど辛いものはありません。

プロペシア AGA

 

中高年であればある程度あきらめがつくかもしれませんが、若い男性であればその悩みは筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

私自身30歳そこそこで、見た目にも毛髪が薄いと分かるほどでした。

 

その頃の私は人前に出るのが嫌で何事においても自信がなくなっている時期でもありました。

 

だからこそ自信を取り戻すためにもAGAの治療を決心しました。

 

ですが、AGA治療に辿り着くまでにいくつかの壁もありました。

 

    何度も自分が自問自答したこととは

  • 1、本当にプロペシアを試すのか
  • 2、プロペシアの副作用は大丈夫なのか
  • 3、プロペシアの費用のこと

 

少ししか覚えていないのですが、答えを出すのに数か月の時間がかかりました。。

 

AGAの治療にはプロペシアが処方されます。

 

プロペシアは男性ホルモン、中でもテストステロンの合成を阻害します。

 

結果として、抜け毛を予防すると言うものです。

 

一方副作用もあると考えられています。

 

男性ホルモンが抑制されるので男らしさの象徴、筋肉を作る作用が弱くなったり性欲が減退するなどの副作用が出ると言う報告もあります。

 

特にアスリートの人であれば、パフォーマンスに大きく影響する可能性も出てきますので、医師とよく相談しプロペシアを服用する必要があります。

 

精巣にも影響を与えます。精子の数が減少したり、質の低下が起こり男性不妊になることも懸念されます。

 

結婚している方で家族計画を考えているのなら、パートナーの理解のもと服用しなければなりません。

 

この辺のことを知ることで、AGA治療を選んだことは正解だと感じたのですが、
もし、このような副作用のことを知らないでプロペシア処方を試すのはとても危険だと思いました。

 

生活習慣と自分の体のことを見直そう

 

プロペシアの副作用として、肝機能障害を引き起こす可能性があることも知っておく必要があるでしょう。

 

肝臓は薬の成分を分解しています。

 

分解には大きなエネルギーを使い肝臓には負担がかかります。

 

重篤な障害になる事はまず考えられませんが、服用には肝臓に負担をかけるということを前提として日々の生活習慣を見直す必要があります。

 

例えば、飲酒習慣のある人であれば毎日肝臓に大きな負担を強いていることになります。

 

休む間もなく働いていると肝機能障害になる可能性が大きく高まります。

 

そこに医薬品の成分が加わるとさらに負担は増大してしまうのです。

 

私は飲酒習慣がありましたのでAGAの治療に専念するためにも、服用する期間はお酒を飲まないように決心をしました。

 

お酒を飲んでいたとしても副作用があったかわかりませんが、何かあってからでは遅いので自分の健康第一に考えてみました。

 

心配であれば、AGA専門医にしっかりと相談し指導を仰ぐ必要があります。

 

アレルギーテストを行うなどしてプロペシアが本当に自分の体に合っているのかどうか調べてもらうのも良いでしょう。

 

この辺もAGA治療でのメリットかと思います。

 

少しでも身体の変化を感じたり、何かあった時にならないように服用しながらテストもしているからです。

 

個人でのプロペシアの服用は、何かあってからのでは遅いに該当してしまいます。

 

中には薬の成分が合わず薬剤性肝炎を引き起こす人もいるからです。

 

プロペシアの副作用という意味では、多くの人がいろいろな症状を言っているのですが、それがすべて自分に該当するのかは個人差もあって違うからです。

 

副作用の症状が全くでない人もいると思いますし、個人差で症状が凄くできる人もいるからです。

 

副作用の症状がみられないのならば良いのですが、問題なのは副作用の症状がでてしまったときです。

 

この副作用の症状が出たときにとのように対処すればよいのかを、プロペシアの服用を始める前から準備を考えておきましょう。

 

自分の体を知り、生活習慣を見直たりすることでAGAの治療にもしっかりと向き合うことができると思います。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る