プロペシアによる男性機能の低下

プロペシア aga

 

プロペシアによる男性機能の低下

 

プロペシア 治療薬

 

30歳代後半の男性です。

 

薄毛に対してのプロペシアは以前から知っていたのですが、自分が服用するかどうかはとても心配がありました。

 

と言いますのは、これから子供を産もうという計画があったからです。

 

まさに、薄毛の治療の道をとるか、子供を産む道をとるのかの選択となりました。

 

プロペシアの効果は、男性ホルモンを抑制し抜け毛を防ぐというものです。

 

薄毛に悩む若い男の人によく処方されています。

 

一方で、副作用もあると言われています。

 

男性ホルモンが抑制されるため、筋肉量の低下や筋力トレーニングをしても筋肉がつかないことが考えられます。

 

プロペシアはテストステロンに作用します。

 

テストステロンには筋肉を増大させる働きがありますが、プロペシアによって抑制されることでこのような副作用が現れると考えられているのです。

 

実際にこの副作用で悩んでいる男の人もいます。

 

次に男性機能の低下もあげることができます。

 

プロペシアにはフィナステリドが含まれておりこれが男性特有の機能を低下させると言われています。

 

はっきりとした科学的な因果関係は解明されてはいませんが、結果として精巣の機能が低下してしまうのです。

 

こうなると精子の数が減少してしまったり精子の質が落ちることで男性不妊の原因になる可能性もあるのです。

 

そして男性ホルモンの抑制により性欲も減退してしまいます。

 

家族計画を立てる人にとっては医師と相談し慎重に服用する必要があるということです。

 

ちよっと難しい選択を突き付けられた気分となりました。

 

プロペシアによる肝機能の低下

 

他にも、プロペシアを服用することで肝機能が低下してしまうという副作用も知られています。

 

プロペシアなどの医薬品の多くは肝臓で代謝が行われます。

 

つまり肝臓には大きな負担がかかるのです。

 

1日2日では副作用を感じ取ることができませんが、継続して服用している場合は肝機能の低下が起こる可能性が十分に考えられるのです。

 

しかし、そうなる確率はかなり低く深刻なものにはならないとの報告もあります。

 

用法容量を守っていれば命に関わるような深刻な状態にはならないと考えていいでしょう。

 

ところが、飲酒を日常的にしている人にとっては注意が必要だということです。

 

先述の通り、プロペシアを服用すると、肝臓に少なからず負担がかかります。

 

飲酒の習慣はそれ以上に肝臓に負担を掛けるので、服用を始めるのであればお酒を控えることをおすすめします。

 

もちろんこれは個人差があるので全ての人にあてはまるというわけではありません。

 

飲酒の習慣がなくても、薬の服用だけで薬剤性肝炎を起こしてしまう人もいるのです。

 

これは服用してみないと分からないので、不安な人は必ず医師に相談してみましょう。

 

まずは自分の体の状態を知り、生活習慣を見直すことが大切なのです。

 

ということですが、私は飲酒の日常習慣があるというより、仕事絡みでのある程度の飲酒が日常的にあったからです。

 

どのくらいの飲酒ならばプロペシア副作用の問題があるのかは、人それぞれですので、このくらいは大丈夫だけどこれ以上は良くないとは言えないのですが、AGA専門医でしたら定期的な検査を行うことで副作用の具合が分かると言うこともあります。

 

ですので、最初は少しくらい余分に費用がかかったとしても、自分の身体の具合がわかるまでAGA専門医を選択してプロペシアを服用することにしましょう。

 

ある程度不安を抱え続けてのプロペシア服用は精神的にもあまりよくないからです。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る