プロペシアを個人輸入する際の注意点

MENU

プロペシアを個人輸入する際の注意点

プロペシアを購入する方法は大きく分けて2つあります。

1つは、医療機関にて診察、処方を受けて、
正規な流通ルートで販売されているプロペシアを購入する方法です。

 

多くの方が選択する方法ではあるのですが、
保険適用外であり、自由診療となることから、
比較的に薬価が高く財布の負担が大きくなることが問題だと言えるかもしれません。

 

もう1つの方法が、
海外で販売されているプロペシアを個人輸入によって購入する方法です。

 

個人輸入と言っても、ややこしい手続きをするのではなく、
インターネットによる通販で簡単に購入することができますので、
ネット通販を良く行う人にとってはあまり難しいことはないでしょう。

 

個人輸入とは、法律で認められているものであり違法行為ではありません。

 

しかし、購入した医薬品は購入者本人が使用する目的でのみ販売され、
何かしらトラブルがあったとしてもすべて自己責任となることは覚えておいて下さい。

 

海外製のプロペシアには、ジェネリック医薬品などもあるので、
非常に安価で購入することが可能です。

 

プロペシアは毎日継続して服用するものなので、
経済的な負担を軽くしたいと考える人は沢山います。

 

しかし、実際には並行輸入においては、
類似品や粗悪品などを販売している業者も多く、
一説によると個人輸入で流通しているプロペシアの半分程度は偽物だそうです。

 

また、発毛育毛の知識がそんなに無いならば、
不安や心配と引き換えに並行輸入があると考えた方で良いようです。

 

プロペシアではありませんが個人輸入したED治療薬を服用して、
意識不明の重体に陥った方がいるなど、
そのリスクの高さは計り知れないものがあると言えます。

 

事実、厚生労働省でも個人輸入での購入は勧められておらず、
逆に注意喚起されているくらいです。

 

ですので、仮に個人輸入をしたいと考えているのなら、
必ず事前に購入する業者のことを調べておき、
信頼ができそうな業者から購入するようにして下さい。

 

定期的に医師の診察を受けるようにすることをお勧めしておきます。