プロペシア 副作用

MENU

プロペシアのジェネリックはあるのか?類似品などについて

プロペシアは男性型脱毛症であるAGAに効果のある医薬品です。

 

プロペシア AGA

日本でも厚生労働省に認可されていますので、
販売されているのですが、
国産のプロペシアを購入するには医師の診断と処方が必要になります。

 

また、現在のところプロペシアは健康保険の適用外となっていますので、
全額自腹での支払となってしまうのが大きなポイントです。

 

保険適用の医薬品と比較すると、
かなり割高になってしまいます。

 

プロペシアは服用を継続している分には、
その効果も持続するのですが、
飲むのをやめてしまうと、
およそ1ヶ月程で効果が切れてしまいます。

 

つまり、プロペシアを服用し、
効果を実感している人は、
その効果を維持するためには服用をし続けないといけないのです。

 

そうなってくると、
プロペシアそのものの価格が気になってきますよね。

 

できるだけ安く抑えたいのであれば、
現在ではジェネリック医薬品があります。

 

当然ですが、プロペシアにもジェネリックは存在します。

 

しかし、残念ながらプロペシアのジェネリックは日本では承認されていませんので、
薬局などで購入することはできません。

 

プロペシアのジェネリックは様々なものがあるのですが、
最も代表的なのがフィンペシアですね。

 

インドの大手製薬会社2位の会社が販売するもので、
購入するには個人輸入をするしかありません。

 

ちなみに、個人輸入において医薬品を購入することは合法なのですが、
何かあったとしても自己責任になることも覚えておきましょう。

 

また、フィンペシアなどプロペシアのジェネリックはとても人気が高いものであるだけに、
類似品など販売も横行している問題もあるようです。

 

粗悪な品を販売している業者にあたるリスクも考えて、
購入するのなら信頼できる業者からにしておくと良いでしょう。

 

管理人シバやんは思ったのですが、ここまでリスクを冒して、
プロペシアを服用する理由は何んなのか、です。

 

その理由とは、購入価格が安い、これだけの理由ではないでしょうか。

 

プロペシアを試す人の多くは、
これまでに育毛でたんくさん悩んできた人が多いと思います。

 

費用の安さを理由に、
今まで悩み続けてきた育毛に対して、
さらなるリスクと不安をもたらす訳です。

 

この選択が本当に良いと言えるのかと問いたいです。

 

ある程度の、プロペシアの知識があって、
それなりに育毛を体験してきて、
それゆえに、購入費用を安くするために、
プロペシアのジェネリックを試してみるならば、
それはそれで問題は無いと思います。

 

だって、自己責任ですから。

 

ある程度のプロペシアの知識がある方ならば、
類似品などのリスクを回避できる方法も考えているからです。