プロペシア 副作用

MENU

飲む育毛薬プロペシアの価格について

男性型脱毛症であるAGAの治療薬としては、一般的にプロペシアが使われています。

これは現在のところ、日本では唯一認可されている医療用の医薬品であるからで、最近ではAGA治療専門のクリニックなども多くあるので、随分と身近な存在になったと言えるでしょう。

 

プロペシアを購入するには、医師の診断と処方が必要なので、必ず医療機関に足を運ぶ必要があります。

 

育毛剤を使用している人なら経験があるかもしれませんが、どんな育毛剤であっても継続的に使用していかなければ意味がありません。

 

即効性があり、かつ、永続的な効果が期待できる育毛剤はないので、使い続けることが前提となっているのです。

 

プロペシアにしても例外ではなく、服用している間は効果が持続しますが、服用をやめてしまうと効果も切れてしまいます。

 

継続して使用するとなると、気になってくるのがプロペシアの価格ですね

 

長く続けるのであれば、安価であるに越したことはありません。

 

しかし、プロペシアは保険適用外となっていますので、全額自腹で負担する必要があるのです。

 

つまり、医療機関で処方された薬としても比較的に高額であると言って良いでしょう。

 

保険適用外となると、自由診療が適用されますので、基本的には各医療機関がその額を決めて良いようになります。

 

ですので、一概に価格を出すのは難しいのですが、2014年7月時点では、およそ1錠あたりの相場は200〜300円前後だと考えて良いでしょう。

 

1日に1錠服用することになるので、一月あたりに換算すると6000〜9000円ほどの計算になります。

 

管理人シバやんの場合となるのですが、費用を考えて個人輸入を利用してみました。

 

この方法ですと費用は安く抑えることができるのですが、業者によっては粗悪品を販売していたりしますので業者選びには注意が必要となります。

 

具体的には、プロペシアとミノキシジルを同時に併用しているのですが、ふたつを組み合わせることで発毛効果は高いのですが費用が少し余分にかかります。

 

この場合の費用ですが、プロペシアと同成分のジェネリック フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ【1箱100錠】 2666円とミノキシジルタブレット5mg【1箱100錠】2739円を購入しました。

 

つまりふたつを同時服用で1日当たり54円くらいです。

 

実際ではまとめ買いで安くなるので自分に合わせて検討してください。

 

また、発毛の具合にもよりますが、予定通りでしたらミノキシジルを途中でやめてフィンペシアだけの服用を考えていますので、そうなればかなり安い費用で飲み続けることができます。