プロペシア 副作用

MENU

抜け毛を止めるAGA治療薬プロペシアの成分

AGA治療における代表的な医薬品がプロペシアです。

このプロペシアに含まれる有効成分がフィナステリドです。

 

フィナステリドとは、そもそも前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発されてきた経緯があります。

 

臨床試験の段階でAGA患者の人に効果があったことから、改めてAGA治療薬として開発がなされ、効果が認められました。

 

日本では2005年に認可され、販売が許可されています。

 

男性型脱毛症であるAGAはその原因こそ解明されてはいないのですが、脱毛が起きてしまうメカニズムは解明されています。

 

男性ホルモンの1つであるテストステロンというホルモンがあるのですが、このホルモンが5アルファ還元酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変換されるのです。

 

このジヒドロテストステロンが毛根の奥にある毛母細胞の活動を阻害することで、毛髪が正しく育たなくなってしまいます。

 

結果、成長サイクルが崩れてしまい、毛髪はどんどんやせ細っていき、最終的には抜け毛となるのです。

 

フィナステリドには、テストステロンがジヒドロテストステロンになることを阻害する効果があります。

 

ジヒドロテストステロンが少なくなると、それだけ毛母細胞がきちんと活動を行うようになり、やせ細っていた毛髪が復活し、強く太い髪の毛へと成長してくれるのです。

 

ただし、フィナステリドは抗アンドロゲン薬と呼ばれるホルモンに作用する成分ですので、成人の男性しか服用してはいけません。

 

男性や成人していないお子さんが服用したり、触ったりすることで多大な影響を及ぼすこともあるので、充分に注意しておきましょう。