プロペシア 薄毛,プロペシア 遺伝

MENU

薄毛と遺伝の関係は?プロペシアが効かない場合はあるの?

プロペシア 遺伝

 

男性が持つ薄毛のトラブルで、最も多いのが男性型脱毛症によるものです。

プロペシア 薄毛

 

およそ男性の薄毛の8割程度を占めているとされるほど、ポピュラーな脱毛症だと言えるのですが、その発症原因はいまだに解明されていません。

 

大きな理由としては、発症する原因は複数あって、それらが複雑に絡み合って抜け毛が増えてしまうからです。

 

最も代表的な原因として考えられているのが、遺伝要因です。

 

ただし、遺伝要因といっても薄毛そのものが引き継がれるのではなく、あくまでも薄毛になりやすい体質を引き継ぐと考えて良いでしょう。

 

一般的に男性の薄毛の問題は、自分の父親、父系の遺伝であると考えるひとが多いのですが、実は母系遺伝だと考えられています。

 

これは母親から引き継ぐX染色体の中にあるDNAに、薄毛に関する遺伝子が配置されているからです。

 

ですので、仮に将来自分が薄毛になるか心配だと考えているのなら、母方の祖父や親類に男性型脱毛症がいないかどうかを確かめておくと良いでしょう。

 

もう1つ、プロペシアと遺伝に関する体質があります。

 

テストステロンが5アルファ還元酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンが作られ、このジヒドロテストステロンが毛髪の根元になる毛母細胞や毛乳頭に影響を与えて、毛髪の成長を阻害するのです。

 

これが男性型脱毛症で抜け毛が増えるメカニズムです。

 

プロペシアは5アルファ還元酵素を阻害する働きを持っているのですが、この5アルファ還元酵素にも1型と2型があり、2型にしか効果がありません。

 

つまり、1型の還元酵素を防ぐことはできず、結果的にプロペシアの効果が出ないということもあるそうです。

 

管理人シバは、薄毛が遺伝要因に関係があるとある程度信じていましたので、自分の父側の親戚一同の頭の薄毛状態をチェックし、母親側の薄毛状態もチェックしてみたわけです。

 

将来の自分の頭の薄毛具合がある程度予想できるからです。

 

久しぶりに会う親戚でしたが、目的は頭の髪の具合ですのでついつい上の方に視線が向かってしまいます。

 

どんなに誤魔化しても、頭に視線を向ければ相手も気が付いてしまうようです。

 

その結果、ちょっと困ったことになったこともありました。

 

ですが、これから先の自分の毛髪具合を予想する意味からも、男性脱毛症の対策するという意味からも、親戚の頭髪具合のチェックはかなりの収穫があったと思っています。

 

それもありきで、俄然、頭髪を発毛育毛したいという気持ちが湧いてきました。

 

なぜならば、今何もしないならば、自分の頭髪はその叔父と同じようになることをしっかりと理解できたからです。

 

今までは、頭髪の発毛育毛をいい加減に考えていたかもしれませんが、これからは発毛育毛を真剣に考えていこうと決意した次第です。

 

早速、毛髪の発毛育毛の対策を考えることにしました。

 

発毛育毛の費用を第一に考えていたことを改め、プロペシア服用で発毛育毛を考えていくわけですが、最初の段階ではリスクを取らない方法で服用していくことに決めました。

 

あとは、長期間に渡りプロペシア服用を継続することが大切となるわけです。

 

プロペシアの副作用に関しての不安や心配は、医師に相談したり、自分自身で書籍を読むことで解消することを考えました。