プロペシア 副作用

MENU

抜け毛の治療薬にはプロペシア以外には何がある?

抜け毛治療の代表的なものとしては、プロペシアがあります。

ただし、プロペシアは成人男性のみが服用できるものであり、さらには男性型脱毛症には効果を期待できますが、他のことが原因で起こる脱毛症に関して効果はありません。

 

抜け毛の治療に使われるものは他にもありますので、男性型脱毛症以外の脱毛症で悩んでいる人や、女性でも薄毛で悩んでいる人は別のものを利用すると良いでしょう。

 

プロペシア以外の治療薬として最も有名なものがミノキシジルです。

 

ミノキシジルは血管を開いて、血行を促進させる効果があります。

 

一般的には、頭皮に塗布してから利用するタイプとなりますが、タブレット錠として服用することもあるそうです。

 

ミノキシジルの成分が直接頭皮に利用できることから、多くの場合は頭皮に塗布するタイプだと考えて良いでしょう。

 

ミノキシジルを利用することで、頭皮下にある毛母細胞や毛乳頭へと酸素と栄養分を多く運ぶことができます。

 

結果、毛髪の成長に必要な栄養素が補給されることから、抜け毛の治療をすることが可能です。

 

ミノキシジルはプロペシアとの相性が良く、併用することで互いの効果を高めあるとも言われており、最近では医療機関でも併用することを勧められることもあります。

 

ミノキシジル以外としては、育毛剤や育毛シャンプーなど多くのものが販売されているのですが、育毛シャンプーは頭皮の環境を整えるもの、育毛剤は頭皮や毛髪に栄養を補給するものと考えて良いでしょう。

 

中には、両方の効果をかねた育毛剤などもあるので、自分の薄毛の原因にあったものを利用することをお勧めします。