プロペシア 副作用

MENU

プロペシアを病院で欲しい場合はどうしたら良い?

男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアは、飲む育毛剤としても有名です。

このプロペシアですが、購入するのなら2通りの方法が考えられます。

 

1つは、医療機関にて診察をしてもらい、処方箋を書いてもらう方法です。

 

一般的には皮膚科などで診察を受けることで、処方箋を書いてもらえるのですが、やはり脱毛症の治療薬をもらうのに他人の目があると恥ずかしいと考える人も少なくありません。

 

そうした時には、男性型脱毛症の治療を専門的に行っているクリニックなどに足を運んでみると良いでしょう。

 

男性型脱毛症の治療を専門としているだけあって、他人とは会わないようにプライバシーの配慮がなされており、基本的には予約制となっています。

 

また、クリニックに勤務するスタッフは男性のみといった場合もあるので、女性からの視線が気になるということもありません。

 

もう1つのメリットとしては、こうした専門のクリニックでは診察代は無料であることが多い点ですね。

 

その代わり、院内に併設されている薬局でプロペシアなどの医薬品を購入することになり、その医薬品代金でクリニックの利益を出すといった方法のところも少なくありません。

 

基本的にプロペシアは上でも書いたように保険適用外なので自由診療となり、クリニックごとに料金設定はバラバラですので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

もう1つの購入方法はインターネットなどで、海外で販売されているプロペシアを個人輸入するものです。

 

日本国内で購入するよりも安価で購入できるのがメリットですが、類似品として粗悪なプロペシアを販売している業者もあるので、十分な注意が必要だと言えるでしょう。

 

どうしても安価に購入したいのでしたら、最初は医師に処方箋をお願いして、慣れてきたら時間をかけて安心な個人輸入をする業者を探すこともできます。

 

≪前のページへ  次のページへ≫