プロペシア 副作用

MENU

男性ホルモンが多いと薄毛になる?

男性で薄毛の悩みを持っている人は多く、その多くが男性型脱毛症であると言って良いでしょう。

一般的に男性ホルモンが多く分泌されていると、薄毛になりやすいとも言われていますが、これは間違いです。

 

男性型脱毛症における抜け毛のメカニズムは、テストステロンという男性ホルモンが5アルファ還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロンという物質に変換されることにあります。

 

このジヒドロテストステロンが毛髪の根元にある毛母細胞に影響を与え、健康に髪の毛が成長するのを阻害してしまうのです。

 

このことから、男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいと勘違いされているのですが、そもそもテストステロンには脱毛作用はありません。

 

また、個人差も大きくあるのですが、テストステロンが多い人であっても、ジヒドロテストステロンに変化しない人もいます。

 

ジヒドロテストステロンに変化する人であっても、毛髪に影響が出ない人もいますので、一概に男性ホルモンの分泌量だけで脱毛症が起こるとは言えないのです。

 

つまり、男性型脱毛症を引き起こしてしまうタイプとしては、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しやすく、さらにはジヒドロテストステロンの影響を毛母細胞が受けやすい体質の人は薄毛になりやすいと考えて良いでしょう。

 

ちなみにこの体質に関しては、遺伝的な要因が大きいと考えられていて、現在では男性型脱毛症になりやすいかどうかを遺伝子検査によって調べることも可能です。

 

また、一般的には遺伝要素と言うと、父親の方が関係しているのではと考える人も多いのですが、こうした体質に関しては母系遺伝であるとされています。

 

ですので、母方の親類に男性型脱毛症の人が多ければ、遺伝的な要因を引き継いでいる可能性は高くなると言って良いでしょう。

 

≪前のページへ  次のページへ≫