プロペシアとミノキシジルの関係

MENU

プロペシアとミノキシジルの関係

AGAの治療薬として、高い人気を誇っているのが、プロペシアとミノキシジルです。

それぞれの効果を説明しますと、プロペシアはAGAによる抜け毛の原因そのものを改善する効果があります。

 

このことから、抜け毛を予防する効果があり、細く痩せてしまった毛髪を元の元気な毛髪に戻すことができるといって良いでしょう。

 

つまり、プロペシアに関しては抜けてしまった毛根そのものから髪の毛を生えさせる効果はありません。

 

今ある髪の毛を太く、強くしていき、抜け毛を予防することがメインとなる育毛剤だと考えて良いですね。

 

対するミノキシジルですが、こちらは頭皮下にある毛細血管を開いて血流を促進する効果があります。

 

このことから、頭皮下にある毛根に栄養と酸素を行き渡らせることができ、眠っていた毛根の活動を活性化させてくれるのです。

 

結果として、ミノキシジルは髪の毛の成長を促進したり、眠っていた毛根を起こして毛髪を生えさせるという効果が期待できるでしょう。

 

この効果の違いから、プロペシアは守りの育毛剤、ミノキシジルは攻めの育毛剤とも呼ばれており、
その効果は似ているようで違うものです。

 

近年の研究では、このプロペシアとミノキシジルを併用することで、お互いにその効果を高め合うと解っており、治療としても併用されることが一般的になってきています。

 

プロペシアで今ある髪の毛を保護し、ミノキシジルを使って抜けてしまった髪の毛を復活させる、
この2つの効果が現在のところ最もAGAを改善できる方法だと言っても良いでしょう。

 

管理人シバやんですが、早速となりますが、プロペシアとミノキシジルの関係を上手に利用することにしました。

 

他にも、複合的に育毛剤を使うことで、さらなる育毛も試みました。

 

やるときは、ちまちまではなく一点集中と管理人シバやんは考えました。

 

どんなことでもそうなのでしょうが、ある程度の結果を求めたいなら、すべてをほどほどにするより一点を集中してやるほうが結果で出るからです。

 

そんな理由から管理人シバやんが初めて育毛は、プロペシアとミノキシジルと育毛剤のコンビでした。

 

≪前のページへ  次のページへ≫