プロペシアは度の国で使われているか?

MENU

プロペシアは度の国で使われているか?

男性型脱毛症であるAGAはなかなか治療することができないものと知られていたのですが、現在ではプロペシアという医療用の医薬品があり、気軽に治療できるようになっていると言って良いでしょう。

このプロペシアですが、実は日本だけではなく、世界中から支持されている医薬品であり、60ヶ国以上の国で認可を受けて販売されています。

 

どんな国でプロペシアが使われているのかというと、そもそもプロペシアを開発したメルク社があるアメリカは当然ですね。

 

アメリカの他には、イタリア、ニュージーランド、イギリス、トルコ、タイ、インドなどのような国で使われています。

 

また、それぞれの国によって作られているプロペシアの産地が異なり、どこで作られているのかによって、価格も微妙に変わっているのが特徴ですね。

 

ちなみに日本国内で流通しているのは日本製のものになります。

 

プロペシアの生みの親であるメルク社が製造を許可した国でのみ、製造することが許されており、日本もその1つです。

 

個人輸入を利用することで、日本以外で製造されているプロペシアを購入することもできます。

 

例えば、代表的なものとしてはアメリカ産のもの、ニュージーランド産のもの、イギリス産のものなどがあります。

 

この中では、イギリス産のものが最も安価に購入できるでしょう。

 

ただし、個人輸入を行う場合は、類似品を販売している悪質な業者もあり、偽物を掴まされてしまうリスクもあるので、購入するのであれば十分な注意が必要です。

 

たとえば、個人輸入を行っている業者をネットなどで簡単に選ぶのではなく、多くの人が使っていて安心できる業者を選ぶことが大切です。

 

そんな意味からも、プロペシアを紹介しているサイトを複数チェックすることで、業者の人気を確認することができます。

 

また、プロペシアの価格だけで選ばないことも大切です。特に、通常より価格が安いのでしたらしっかりとチェックすることにしましょう。

 

個人輸入した医薬品は購入した個人が使用することのみ許可されており、万が一の副作用があったとしても自己責任となることもあわせて覚えておきましょう。