プロペシア 男性型脱毛症薬

MENU

男性型脱毛症薬プロペシアの歴史(有名になった経緯)

プロペシア 男性型脱毛症

 

現在、男性型脱毛症の治療薬として、最も代表的なものがプロペシアです。

このプロペシアとはどんな経緯で販売されるに至ったかということですが、そもそも男性型脱毛症の治療薬として開発されたものではありません。

 

もともとは前立腺肥大、前立腺ガンの治療薬として開発が進められてきたものなのです。

 

医薬品の開発ですが、最終的には販売する国の認可を受けないといけないのですが、認可を受けるためにはこんな効果があって、こんな副作用がありますというデータをきちんと取る必要があります。

 

このデータを取る試験のことを臨床試験と言い、前立腺肥大などの治療薬として試験が行われている時に、副作用として発毛が見られました。

 

この発毛の副作用を逆に利用できないかと考えられて、改めて開発が進められたのがプロペシアのきっかけです。

 

結果、1997年にはアメリカの食品医薬品局であるFDAに男性型脱毛症に効果があると認められて、販売が開始されました。

 

FDAとは日本で言うところの厚生労働省のような公的機関であり、日本でも2005年に認可されています。

 

アメリカで認可されたことから、プロペシアは爆発的な人気を獲得します。

 

それ以前に、男性型脱毛症の治療薬と認められたものがなかったこともあり、世界中の抜け毛で悩む男性から人気を得たと言って良いでしょう。

 

ちなみに、プロペシアの臨床試験では3年間の服用をした人の、およそ8割が効果を実感できたという報告があり、いかに効果を感じている人が多いかを物語っています。

 

現在では世界60ヶ国以上で認可を受けており、世界中で人気のある育毛剤であると言っても過言ではありません。