プロペシア 副作用

MENU

プロペシアの効果が表れる期間、効用期間について

男性型脱毛症の治療薬として利用されるのが、プロペシアです。

男性型脱毛症において抜け毛が起こってしまう原因そのものをシャットアウトする効果があることから、現在のところ唯一医学的に認められている成分でもあります。

 

このプロペシアの効果ですが、服用をしてからどのくらいの期間で効果が出るのかと言うと、一般的には6ヶ月程度とされています。

 

基本的に育毛剤関係で即効性を期待できるものは少ないですが、プロペシアもまたそれなりに時間をかけないと効果を期待することができません。

 

効果が早く出る人でおよそ3ヶ月程度、効果が出るまで長くかかるのなら1年程度は服用を続ける必要があります。

 

効果が出るまでに個人差があるのは、ヘアサイクルのせいです。

 

ヘアサイクルとは、髪の毛の成長サイクルのことであり、成長期、休止期、退行期といった3つのサイクルを繰り返して髪の毛は成長し、抜けていきます。

 

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンがこのヘアサイクルを阻害することで抜け毛が増えてしまうものであり、プロペシアを服用することでこのヘアサイクルは正常へと戻っていくのです。

 

ヘアサイクルが正常に戻るまでの期間は、個人差が出てしまうので、効果が実感できる期間にも大きな違いが出てしまいます。

 

ちなみに、プロペシアは服用を続けている限りは効果が持続するのですが、服用をやめてしまうと効果が切れてしまいます。

 

服用をやめてから、およそ1ヶ月ほどはプロペシアの成分が身体に残っていますが、この期間を過ぎるとプロペシアの効用期間が切れてしまうと考えて良いでしょう。