生え際・頭頂部・どの部分にでもプロペシアは効果ある?

MENU

生え際・頭頂部・どの部分にでもプロペシアは効果ある?

男性型脱毛症の症状としては、生え際が後退する、頭頂部のつむじ部分から周囲に広がっていく、もしくはその両方が発生するというものです。

これは抜け毛を増やす原因である、ジヒドロテストステロンがどこに多く発生するかによって変わってきます。

 

男性型脱毛症の治療薬として代表的なプロペシアは、このいずれの場合であっても効果を発揮してくれます。

 

特に頭頂部は最も薄毛が進行しやすい箇所とも言われているのですが、男性型脱毛症であるのなら、多くの場合プロペシアの効果を期待しても良いでしょう。

 

しかし、プロペシアで効果が期待できるのは、男性型脱毛症のみです。

 

仮に、別の原因によって抜け毛が進行している場合は、効果が出ないと考えて良いでしょう。

 

男性型脱毛症以外の原因として多いのは、頭皮の健康状態が悪化してしまうことです。

 

血行不良であったり、皮脂が過剰に分泌されてしまったり、頭皮が乾燥してしまうなどのことから、抜け毛が増えてしまうのですが、このケースは頭皮のケアを行うのと同時に、生活環境を改善したり、食生活を見直しするなどのことを行う必要があります。

 

つまり、自分がどのような原因で抜け毛が増えているのか、を知ることは非常に重要です。

 

その原因にあわせて対策をしていくことで、抜け毛の対策を行うことができるようになります。

 

近年では、育毛専門のクリニックなどもあり、頭皮の状況などを細かく調べてくれて、どんな原因で脱毛状態になっているのかを調べることができますので、まずは原因を知ることから始めると良いでしょう。

 

管理人シバも実際にプロペシアを使って検証中なのですがかなり時間の経過が必要となるようです。

 

プラペシアを試す前より、発毛したと言えば多少感じることができるのですが、あまり実感がないと言えばその通りかも知れない状態です。

 

最初は、3ヶ月、もしくは6ヶ月後に発毛していることを期待していたのですが、あまり実感がないとガッカリすると言うより、仕方ないので継続するためにもっと時間の経過を待つという感じになっていきます。

 

管理人シバはこんな時でも諦めることが嫌いなのでしっかりと継続していきます。

 

≪前のページへ  カテゴリーTOPページへ≫