プロペシア 副作用

MENU

飲む育毛剤プロペシアの頭皮や抜け毛への効果

男性の大きな悩みとなる抜け毛の悩みですが、男性型脱毛症である場合には、飲む育毛剤であるプロペシアが有効です。

 

プロペシアは世界60ヶ国以上で販売されている男性型脱毛症の治療薬であり、主成分であるフィナステリドが男性ホルモンの働きを抑制することから、抜け毛を軽減し、予防する効果が期待できます。

 

フィナステリドはそもそも男性特有の疾患である、前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発されていた成分です。

 

臨床試験の段階で、副作用として発毛が見られたことから、改めて男性型脱毛症用の薬として開発がなされ、アメリカでまずその効果が医学的に認められました

 

その後、日本でも厚生労働省で認可されており、日本でも医薬品として販売されています。

 

ただし、薬局などでは購入することができず、必ず医療機関での診断、処方が必要です。

 

男性型脱毛症による抜け毛のメカニズムは、男性ホルモンが影響しています。

 

テストステロンという男性ホルモンが、5アルファ還元酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されてしまいます。

 

このジヒドロテストステロンが頭皮下にある髪の毛の元、毛母細胞に働きかけてその活動を阻害することで、抜け毛が増えてしまうのです。

 

プロペシアに含まれるフィナステリドは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることを阻害する効果があることから、毛母細胞は活動が阻害されなくなり、元の元気な状態に戻ります。

 

結果、やせ細っていた毛髪が復活し、抜け毛を予防することができるのです。

 

管理人シバやんは、飲む育毛剤プロペシアの頭皮や抜け毛への効果に関してかなり気になりました。

 

今まで、多くの育毛剤を試してきたのですが、飲む育毛剤プロペシアとの違いはAGA医師の診断で発毛育毛を始めることができることです。

 

医師の処方する発毛育毛剤を試すのは初めてのことでした。

 

と、簡単に書いてしまいましたが、自分の判断して発毛育毛剤を試すより、AGAの医師の処方で発毛育毛をサポートしてもらえることで何倍も安心です。

 

だって、AGAの医師が処方しているからです。

 

以前、試した発毛育毛剤で効果が無いと言ってみても、それは個人差があるからもっと継続しなければいけない、と相手から言われてきました。

 

その個人差ってなんなのでしょうか。

 

個人差を言い訳に、発毛育毛できないことを誤魔化して、自分の利益になる発毛育毛剤を売っていたようにも思ってなりません。

 

今回はAGAの医師の処方のもとに、発毛育毛が期待できる飲む育毛剤プロペシアを試してみるわけです。

 

これで失敗でしたら、まさにあとは無いくらいに思えます。

 

ですから、AGAの医師のしっかりとした処方を確認してから、発毛育毛をトライしてみることをお勧めします。

 

≪前のページへ  次のページへ≫