個人輸入のプロペシアで副作用が出ても医薬品副作用被害救済制度は適用されない 目次

プロペシアを個人輸入をした時の落とし穴

プロペシア

 

AGA治療薬として有名なプロペシアですが、クリニックなどで処方をしてもらうと保険適用外のため、月々の負担が大きくなってしまいます。

 

そうした負担を減らすために、昨今、行っている方が多いのがプロペシアの個人輸入です。

 

個人輸入といえば英語を使えなければいけないイメージがありますが、代行サイトを活用すれば通販を利用するのと同じ感覚で購入することができますし、処方を受けるよりも安価ということから人気が高まっています。

 

しかし、プロペシアを個人輸入する場合、考えておかなければいけないのが副作用の存在です。

 

クリニックで処方を受けた場合、万一、副作用で体になんらかの悪影響が出たとしても医薬品副作用被害救済制度が適用されますが、個人輸入の場合は制度の対象外となります。

 

つまり、重篤な副作用が起きたとしても自己責任となり、そこにかかる医療費は全額自己負担となるのです。

 

もともとプロペシアはいくつかの副作用が薬ということも聞いていますので、安易に個人輸入の利用を開始するのはリスクが高いといえるでしょう。

 

個人輸入はクリニックで処方を受けるよりもかなり安価となりますが、こうした落とし穴があることを知った上で利用するかどうかを検討することが必要なのです。

 

管理人シバのプロペシア副作用での対処方法とは?

 

個人輸入のプロペシアで副作用が出ても医薬品副作用被害救済制度は適用されない

 

 

管理人シバもプロペシア服用での副作用のリスクを全く考えなかったわけではありません。

 

プロペシア副作用と検索してみると複数のサイトでは副作用の記事を見ることができますので、それなり以上にプロペシア副作用のことは知っていました。

 

そうした意味から、管理人シバなりにプロペシアの副作用を軽減するための方法を考えたわけです。

 

プロペシア副作用の軽減方法 その1

 

いきなり個人輸入でプロペシア服用を開始するのではなく、ある程度の発毛を確認出来てから個人輸入にすることを考えました。

 

プロペシアでの発毛が体感できるまでは、プロペシアのリスクを減らす目的から多少費用が高くなっても発毛専門医がいるAGA発毛専門医院を選びました。

 

なぜならば、プロペシアの一般的なリスクはインターネットの記事から学ぶことはできても、自分自身の場合の副作用に関しては実際に試してみないと個人差があるからでした。

 

プロペシア副作用の軽減方法 その2

 

AGA発毛専門医院、町の皮膚科も併用してみたのですが、自分の身体に起こったことのどんなに小さいこともメモしておいて、その理由がプロペシアの服用に関係するのかを確認するようにしました。

 

プロペシア副作用の軽減方法 その3

 

いよいよ個人輸入をすることになったときも、いい加減に個人輸入の業者を選ぶのではなく、多くの日本人が利用していること、プロペシアの関しての説明もしっかりしていること、多くの人のプロペシア服用に関する口コミがあることを基準にして探してみました。

 

 

AGA発毛専門医院の処方なら安心の理由とは

 

プロペシアを安心して使うには、やはり多少、費用負担は大きくてもAGA発毛専門医院で処方を受けることが一番です。

 

AGA発毛専門医院での処方であれば、適正にプロペシアを使用していて起きた副作用に関しては医薬品副作用被害救済制度が適用されます。

 

ただし、この制度の適用範囲は、入院治療が必要な程度の疾病や日常生活が著しく制限される程度の障害などの健康被害が起きた場合となっていますので、頭痛や腹部不快感など軽微なものは適用外とされることもあります。

 

しかし、万一、なにか体に悪影響がでた際になんの救済もない個人輸入と比べると、こうした救済制度があるというのは大きいといえるでしょう。

 

このようなことから、安心してプロペシアを服用したいのであればAGA発毛専門医院で医師の診察を受けて処方を受けることが一番なのです。

 

ただやはり費用面での負担が大きくて続けられないということも考えられます。

 

その場合は、何度かAGA発毛専門医院処方を受けて、服用によって体調不良が起きたりしないのか、自分に合った量がどのくらいなのかを把握した上で、正規品も扱っている個人輸入代行サイトからプロペシアを購入するとよいでしょう。

 

もちろんこの場合、医薬品副作用被害救済制度の適用外となりますが、AGA発毛専門医院での処方通りに服用すれば、それほど大きなトラブルは起こらないはずです。

 

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る