プロペシアという治療薬

プロペシア

 

 

プロペシアの効果を感じるまでには平均で6カ月ほど

 

プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬です。

 

男性ホルモンによる抜け毛を防ぐことで、髪の毛全体のボリュームが増えることで知られています。

 

多くのクリニックで扱っていて、AGA治療薬としては一般的なものです。

 

そもそも、男性型脱毛症はその名の通り男性に起こる症状です。

 

人間の髪の毛は、生え始めてから成長し、抜け落ちるというサイクルを数年単位で行っていますが、ホルモンの影響でまだ成長途中の毛が抜けてしまうことがあります。

 

すると、髪の毛全体の量が減っていき、脱毛症を発症することになります。

 

プロペシアはホルモンの分泌を抑えることで、抜け毛を減らす効果があります。

 

ただ、毛周期は数年かかりなので、飲めばすぐに髪の毛が増えるわけではないということを覚えておきましょう。

 

効果を感じるまでには早くて3ヶ月、平均で6カ月ほどの継続使用が必要です。

 

効果を感じる通常が平均で6カ月かかるいうわけですので、個人差でもっと遅くなることもあるわけです。

 

一番困るのは平均より効果がかなり遅くなった場合です。

 

焦り、不安といいますか、このような感情を強く持つことで精神的なストレスは発毛に影響があることから、早めにストレスの解消をしておくことが大切です。

 

具体的には、プロペシアの副作用と一緒にストレス解消方法を考えておきましょう。

 

その一番の良い例は、AGA専門医などのような医師に焦り、不安の相談ができることです。

 

プロペシアは上部に継続して服用することで98%もの人が効果を感じるほどの治療薬です。

 

けれども、中には効果を感じる前に飲むのを諦めてしまう人もいます。

 

とてももったいないことなので、プロペシアを飲み始めたらしばらくは続けるようにしましょう。

 

プロペシアは女性にとって良くない

 

プロペシアは男性型脱毛症の薬ですが、女性でも髪の毛に悩んでいる人が増えています。

 

旦那さんが飲んでいるプロペシアを奥さんも飲めば効果を感じられると思う人もいますが、これは絶対にやってはいけないことです。

 

その理由は、薬の作用にあります。

 

プロペシアは男性ホルモンを抑えることで効果を発揮する薬です。

 

もし、妊娠している女性が飲んでしまったり、薬を触った指を口に入れることがあると、成分が体内に入ります。

 

すると、お腹の中の赤ちゃんが男の子であった場合、生殖器が形成できず、正常な発育が難しくなってしまいます。

 

すでに妊娠していることが分かっている妊婦さんは避けることができますが、初期の頃は自分でも気づかないというケースが非常に多いため、女性が薬に触ることも避けるように指導されています。

 

妊娠中はもちろん、授乳中も避けましょう。

 

プロペシアは副作用として肝機能障害や性欲減退といったものがありますが、抜け毛に悩んでいるからと言って20歳以下の男の子には処方することができません。

 

これは、成長途中の子供に薬を与えることで、ホルモンを抑制することによる健全な成長を妨げる恐れがあるためで、守る必要があります。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

プロペシアは女性にとって良くない

トップへ戻る