高齢者でもプロペシアの効果は期待できる?

プロペシア 高齢者

 

プロペシアの服用は、成人男性のみが可能です

 

では、成人男性なら高齢者でも効果があるのかと言うことですが、基本的にプロペシアの効果を期待することはできます。

 

しかし、若い方が服用するのと同じような効果の出方は期待できないようですね。

 

これは年齢によるもので、ある程度の効果を期待することはできますが、過剰な期待を抱くのはやめておいた方が良いでしょう。

 

また、プロペシアの効果をはっきりと書いてしまうと、男性型脱毛症である場合のみに効果を発揮します。

 

別の脱毛症が起こっているのなら、プロペシアを仮に服用しても大きな意味はないでしょう。

 

特に高齢者の方の場合は、老人性脱毛症が進んでいるケースが多いようです。

 

老人性脱毛症とは60歳以降に発症するものであり、加齢そのものが原因となって細胞の活性が鈍ることから、抜け毛が増えていき薄毛が目立ってくる症状となります。

 

いわば老化現象の1つなので、性別も関係なく、ある程度は誰にでも見られるものだと言えます。

 

老人性脱毛症は上でも書いた通り、老化現象の1つなので、改善することはかなり難しいです。

 

改善方法としては、育毛剤などを使って頭皮に栄養を与えたり、マッサージをすることで頭皮の血流を促進するなどのヘアケアを行うしかありません。

 

劇的な改善が見られることはほとんどなく、進行を抑える程度であると考えておくと良いでしょう。

 

老人性脱毛症の場合は、禁煙をする、生活習慣を整えて早寝早起きをするようにする、などのような対策を取ることも有効です。

 

また、老人、高齢者の方は、発毛とともに白髪の問題もあるようです。

 

どんなに発毛しても、毛髪のほとんどが白髪となってしまったら、見かけと言う意味からはちょっと劣ることになるからです。

 

白髪が進行する原因は加齢で、歳を重ねることにより、メラニン色素を産出するメラノサイトが減少、消失することで期間をかけて少しづつ白髪が増えていきます。

 

管理人シバ60歳代のプロペシア服用で発毛育毛ができたのか?

 

プロペシア 副作用

※管理人シバのプロペシア服用前の毛髪状況(2014/7時点撮影)

どんなに発毛育毛の対策をしても効果が全くなかった時、いわば諦め気分で行なったのが、帽子を購入することと、ヤフーショッピングでしてはいけないウィックを購入したことで心まで折れかかっていました。

 

気持ちは、帽子=ウィックも同じではないかと思ったからです。

 

実際に、ウィックが届いて、試しに頭に乗せてみたのですが、自分の頭髪を鏡で見てあまりの酷さで悲しくて涙がでてきました。

 

正直言って、管理人シバの場合となるのですが、60歳代でもプロペシアの効果はあるようです。

 

管理人シバも白髪に関しては気になる年齢(60歳代)でしたので、プロペシアの効果で発毛したとしても、白髪と老人性脱毛症男性型脱毛症のふたつを同時に考えなければなりませんでした。

プロペシアは白髪が改善するの?

 

それであったとしても、管理人シバは60歳代高齢でもプロペシアの発毛を試すことはけしてマイナスではないと思っています。

 

なぜならば、まったく毛髪がなくなれば、毛髪に対してはなにもすることができないからです。

 

それって、発毛育毛の一切を諦めた状態となります。

 

多少でも毛髪があることで、カラーリングをするなり、薄毛の部分を他の毛髪で隠すなりで、なんとか見栄えだけは整えることができるからです。

 

60歳代の高齢と言うこともありますので、若い人ほどプロペシアの効果は期待できないと言われるようですが、だからと言って諦める必要はないように思えます。

 

なんども繰り返しますが、管理人シバの例を見ていただければ、期待できないといわれた発毛効果を理解することができるのではないでしょうか。

 

高齢だからプロペシアの効果が無いと言っているわけではなく、個人差もあるのでしょうが、効果そのものがやや少なかったり、若い人より発毛に至るまに時間がかかるということだと思います。

 

実際、管理人シバの場合は、発毛の体験をすることができたわけですが、若い人より発毛するまでにそれなりの時間がかかりました。

 

若い人ですと6カ月くらい(個人差があり)で発毛の体験があるそうなのですが、管理人シバの場合は、それより3倍くらいの時間が必要でした。

 

ですので、高齢の方でも発毛を希望される方は、気長にプロペシア発毛を試してみるのが良いかと思います。

 

また、プロペシアの白髪に対する効果は、管理人シバに関して言えばほとんど感じることはできませんでした。

 

白髪に関しては、発毛ができた今でもカラーリングを続けています。

 

プロペシア服用に時間がかかったことも原因となるのでしょうが、管理人シバの場合はプロペシアの服用をする前より白髪の量が増えたように感じています。

 

もっと具体的には、カラーリングの回数も増えたように感じますし、眉毛部分の対応も白髪が増えたことで厳しくなってきました。

 

管理人シバの場合のプロペシア服用の一言

 

年齢が60歳代ともなると、ある意味で剥げていても同じ年齢からしてみれば普通のことですので、わざわざ発毛のために副作用のリスクを犯したり、お金をかけて発毛する必要がどこにあるのか、と逆に聞かれることもあります。

 

確かに、その通りなのですが、管理人シバにとっては毛髪を失うということがどれだけ自分にとって大きなことなのかを実感していたからでした。

 

その結果となるのですが、この歳でも立派に発毛ができました

 

だからと言ってはなんですが、60歳代高齢だからといって発毛育毛を諦める必要はないように思います。

 

管理人シバの場合となるのですが、やったらやった分の発毛を体感できたからです。

 

他にも、白髪の問題もあったのですが、毛髪さえあればカラーリングをすることでなんとかなる、というのが管理人シバの答えでした。

 

発毛育毛を歳だからと諦めてしまった瞬間にすべてが終わるように思います。

 

ですので、高齢者の方!けして発毛を諦めないでくださいね

 

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る