プロペシアの効果を最大限にあげるための生活習慣

MENU

プロペシアの効果を最大限にあげるための生活習慣

近年、脱毛症で悩む人が増えているそうです。

 

男性のみならず、女性にも薄毛の悩みを抱えている人は多く、その原因としては食生活や生活習慣の乱れ(ストレス)があります。

 

当然ですが、健康的な生活をしている人と、そうでない人を比べれば、脱毛症なども起こりやすいと言えます。

 

男性の多くが悩む男性型脱毛症ですが、男性ホルモンの影響で抜け毛が増えてしまうものです。

 

一見すると、生活習慣や食生活は関係なさそうに思えるかもしれませんね。

 

しかし、単純に男性ホルモンの影響だけで抜け毛が増えてしまうのではなく、様々な要因が絡み合って脱毛が起こっていると考えた方が良いでしょう。

 

特に男性型脱毛症の場合だと、AGA治療薬であるプロペシアさえ飲んでいれば、改善できると思っている人も少なくありません。

 

ですが、いくらプロペシアを服用したとしても、健康的な身体でない場合は育毛の効果も半減してしまいます。

 

そもそも東洋医学では毛髪は血余とも言われており、生命維持に必要となる重要な臓器に優先して血液が回され、最後に余った分が髪の毛に回されるといった意味ですね。

 

つまり、食生活が乱れていて、栄養のバランスがとれていない食事をしていると、髪の毛にまで栄養は回ってきません。

 

そこで食事で気をつけるべきことは、栄養のバランスがしっかりと取れた食事をすることです。

 

毛髪はたんぱく質、ミネラル、ビタミンの3つが揃っていないと、うまく成長しないので、栄養バランスがとれた食事を目指して下さい。

 

生活習慣としては、ともかく早寝早起きを心がけることです。

 

毛髪の成長に欠かせない成長ホルモンは、22時〜26時の間に最も分泌されるのですが、この時間に起きていると分泌量が減少してしまいます。

 

そこで早寝早起きを心がけ、適度な運動を行って新陳代謝を促進するようにしておくと良いでしょう。

 

次に、現代社会でストレスから薄毛の原因になることもあります。

 

ストレスが引き起こす薄毛とは、現代社会でストレスが蓄積されていくと、交感神経が刺激されて自律神経が乱れ血行に悪影響を及ぼすということです。

 

ストレスによって血行が悪くなり、髪の毛の毛根部に必要な栄養が行き届かなくなれば薄毛が促進してしまいます。

 

また、どんなに早寝早起きを心がけようと思っていても、ストレスによる睡眠不足が原因でなかなか眠れることができず、それが原因となり薄毛になることもあります。

 

髪の毛が生成される時間帯は、午後10時から午前2時の間と言われています。

 

この時間にしっかりと睡眠が取れていると成長ホルモン分泌が活発となり、薄毛予防にも貢献するわけです。

 

また、ストレスは過度の内臓機能の低下にもなります。

 

内臓機能の低下は髪を形成する栄養素のタンパク質の低下もあり、育毛発毛にも影響があるようです。

 

できるだけ、ストレスを感じないような生活習慣を心がけましょう。

 

普段から、ストレスを感じることを遠ざける工夫が大切です。

 

たとえば、軽い運動や趣味に時間を割くのも良いかもしれません。

 

気分転換では、映画、旅行、ドライブなど、普段やっていないことに目を向けてみましょう。

 

あくまでも、自分が楽しめることをすることが大切です。

 

管理人シバやんは、普段やっていなかった海外旅行と運動(筋トレ)などに目を向けました。

 

海外旅行では、非日常の体験を味わうことができます。

 

つまり、リフレッシュできるということです。

 

管理人シバやんは旅行費用の問題もありましたので、近場の台湾、香港、グアム、シンガポールを格安ツアーで行くことにしました。

 

その結果ですが、ほんとにストレスを解消をすることができました。

 

間違いなく発毛育毛には良いことになっていると思います。

 

そんな期待を込めてのストレス解消旅行でした。

 

ストレス解消旅行第一弾は台湾旅行
育毛 頭
髪のストレス決別の旅行第一弾目は台湾へ行きました。
その結果、間違いなく日常のストレスと決別できました。

 

ストレス解消旅行第二弾はグアム旅行
育毛 頭
髪のストレス決別の旅行第二弾目はグアムへ行きました。
日常のストレスと決別するために最高だと思ったのがこの旅行でした。

 

暖かい日差しの中、プールサイドで楽しむ時間にストレスは感じませんでした。
暖かいプールに入りながら頭皮を自分でマッサージなんてこともしてみました。

 

ストレス解消旅行第三弾は香港旅行
育毛 頭
髪のストレスと決別の旅行第三弾目は香港へ行きました。
これこそ非日常の旅となり、髪のストレスを開放する旅となったわけです。

 

髪の育毛発毛を考えて旅行となったわけですが、どうしてそこまでしたかと言いますと、今までのストレス溢れる生活習慣があまりにも嫌いになったのかもしれません。

 

ですが、仕事をしなくては食べていくことができないことも理解しています。

 

もしかすると、一時の気の迷いかもしれませんが、育毛発毛をキッカケにして、ちょっとだけ以前とは変わってみようと思ったのではないでしょうか。

 

≪前のページへ  次のページへ≫