プロペシアの服用方法や回数とは

MENU

プロペシアの服用方法や回数とは

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として使用される医薬品です。

 

医療用の医薬品として認可されているので、その効果も期待できるのですが、反面で正しい用法や用量を守って服用しないと、どんな副作用が出るかわかりません。

 

一般的に知られているプロペシアの副作用としては、男性機能の低下、性欲の減退、頭痛、肝機能障害、胃のむかつきなどがあります。

 

こうした副作用を出さないようにするためにも、プロペシアを服用するのなら正しい飲み方を理解しておかないといけません。

 

プロペシアは医療用の医薬品だけに、国内では医療機関にて医師による診断と処方が必要です。

 

ですので、先ずは医師や薬剤師の方に指示された通りに服用することを心がけて下さい。

 

一般的には、プロペシア1錠を、1日に1回お水かぬるま湯で服用するというようになっています。

 

プロペシアを多く飲んだからと言って、抜け毛が減るのが早まったりということはありませんので、きちんと用法、用量を守るようにしましょう。

 

1日に1回の服用と書きましたが、いつ飲めば良いのかといった指定はありません。

 

基本的に、1日の内にいつ服用しても効果の出方に差がでるといったことはなく、同じ効果を得ることができます。

 

そこでお勧めとしては、飲む時間帯を決めておいて下さい。

 

例えばですが、朝食後に必ず服用する、就寝前に服用する、といったように決まった時間に飲むようにしておくと、飲み忘れを防ぐことができます。

 

プロペシアの服用で最も大事なことは、毎日継続してコツコツと続けていくことです。

 

仮に、飲み忘れた日があったとしても、翌日にまとめて2錠飲んだりはせず1日1錠をきちんと守って服用して下さい。

 

管理人シバやんは、とても大切に思いました。

 

なぜならば、飲み始めた頃は気合も入っていましたので、飲み忘れはほとんどありませんでしたが、1ヶ月を超える気合が薄れてきた頃になると、頻繁に飲み忘れが増えるようになったからです。

 

確かに、よく思い出してみれば忘れることはないんじゃないの、と言われますが、毎日服用していると昨日飲んだのか今日飲んだのかそれすらもわからなくなります。

 

また、一番飲み忘れが多いのは、週末、休日、急な仕事が入ったときでした。

 

そもそも錠剤の準備をしていませんでしたので、気が付くと携帯をしていなく、飲もうにも物理的に飲めない状態となって困ったことを覚えています。

 

今ではそのようなときの対策として、いつでも飲めるように常時1回分をケースにいれてポケットに携帯するようにしていますので、
飲むことができないことは少なくなりました。

 

他にも、管理人シバやんは夜の晩酌を楽しむ人です。

 

プロペシアアルコールのリスクも聞いていましたので、アルコールの量を少なく調整したり、プロペシアを飲む時間と晩酌の時間が重ならないような努力をしました。

 

この辺の知識もAGA医院の医師からいただいた注意事項です。

 

なお、AGA医院の正しい選び方ですが、他の人のお勧めや紹介で決めるのではなく、自分の都合であったり来院した時の相性であったりを優先して決めることが大切です。

 

なぜならば、人によって良いか悪いかの判断が違ってくるからです。

 

≪前のページへ  次のページへ≫