喫煙と男性型脱毛症の因果関係(プロペシアとタバコの影響)

MENU

喫煙と男性型脱毛症の因果関係(プロペシアとタバコの影響)

男性型脱毛症の治療には、プロペシアが用いられるのが一般的です。

 

しかし、プロペシアさえ飲んでいれば、治療ができるのかというとそうでもありません。

 

プロペシアを服用するのと、ともに頭髪が健康になるような生活を心がけていく必要があります。

 

頭髪や頭皮にとって悪影響を及ぼす生活を送っているのなら、いくらプロペシアを飲んでも意味がないと言って良いでしょう。

 

生活上の注意点としては、様々なものがあるのですが、代表的なものは喫煙です。

 

基本的にプロペシアを服用しながら喫煙をすることで、副作用のリスクが高くなることはありません。

 

では、どうして喫煙が良くないのかと言うと、血管の収縮効果があるからです。

 

煙草に含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり、血管が収縮してしまうと血行不良を起こしやすくなってしまいます。

 

頭皮の血行が悪くなってしまうと、それだけ毛髪に必要な栄養素や酸素が行き渡らなくなり、正常な成長を妨げてしまうのです。

 

結果、ヘアサイクルが乱れる原因となって、抜け毛を促進するとも言われています。

 

喫煙と言っても、程度の問題ではありますが、身体に良いものではないので、ヘアケアを機に禁煙したり喫煙本数を減らすなどをすると良いでしょう。

 

ただし、無理に禁煙してしまうとストレスがたまってしまう可能性があります。

 

ストレスもまた頭髪や頭皮に悪影響を及ぼしますので、ストレスを感じない程度に減煙していくことから始めると良いですね。

 

折角、プロペシアを服用するのですから、その効果を最大限発揮できるように生活習慣を見直していくのもポイントになります。

 

生活習慣の見直しはAGA医院の医師に相談すれば、アドバイスをしてもらえるのですが、実際に実行するのかしないのかは自分次第となりますので、どこまで発毛育毛を真剣に考えているのかの、心構えが必要になってきます。

 

なぜならば、発毛育毛を確認できるまでには、それに必要な時間が長くかかることになるからです。

 

よく言われる三日坊主では、けして発毛育毛をすることができないことを言っておきます。

 

≪前のページへ  次のページへ≫