プロペシアは安全な薬

プロペシア 副作用 性欲減退

※管理人シバの毛髪状況(2014/7時点撮影)

 

プロペシアは安全性が高く、副作用のリスクはほとんどない?

 

AGAの治療薬として処方されるプロペシアは安全性が高く、副作用のリスクはほとんどないといわれています。

 

しかし、フィナステリドを主成分とした医薬品であり、ある程度のリスクがあることも知っておきましょう。

 

プロペシアの副作用としては、性欲減退や勃起不全、頭痛、腹痛、発疹、頭皮の痒みなどが報告されています。

 

このような副作用のリスクを避けたいという場合、プロペシアを利用する前に血液検査を受けておくと良いでしょう。

 

男性の薄毛には男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きが深く関係していると言われています。

 

AGA治療の際に血液検査を受けることにより、テストステロンの量を調べることができるのです。

 

テストステロンの量を把握しておけば、最適な治療方法を見極めることにも繋がります。

 

また、検査をすればプロペシアを使った場合の副作用のリスクなども知ることができるでしょう。

 

血液検査と聞くと体の異常を判断するものだというイメージを持っている人が多いでしょう。

 

ちなみに、検査をしてもどのくらいの確率でAGAが発生するのかということは分かりません。

 

検査というのは治療のために体の状態を確認するものだと考えておきましょう。

 

AGAの進行具合は頭髪がどの程度後退しているかによって判断されます。

 

管理人シバの場合は、夜晩酌をしていたこともあり肝臓の副作用が気になってたことと、現在自覚している副作用に関しては、性欲減退、腹痛の2点でした。

 

このどちらの場合も違う原因を考えることができましたので、自覚症状イコールプロペシア副作用のものかどうかには疑問もあります。

 

その理由は、性欲減退については加齢の原因を考えることができることと、腹痛については以前からよくあることでしたので、それがプロペシア副作用と断定することはできませんでした。

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味で、成人男性によくみられる髪が薄くなることで、思春期以降に額の生え際、頭頂部の髪が薄くなっていく現象をいいます。

 

安全な方法でAGA対策

 

血液検査を受けることにより、現在の健康状態を判定することができます。

 

検査を通してプロペシアを使用しても問題ないかということはもちろん、薬を使った際の副作用のリスクなども調べることができるのです。

 

自身の血液の状態を調べることでさまざまなことが分かると言われています。

 

普段の食習慣や生活習慣を知ることができますし、最適な治療方法を提案してもらえるでしょう。

 

しかし、過度のストレスを抱えている場合や肝臓の状態が悪い場合、プロペシアを利用できないこともあります。

 

血液検査は本格的なAGA治療の前に受けておくのがおすすめです。

 

事前に検査をしておくことにより、その後のAGA治療をスムーズに進めることができるようになります。

 

ちなみに、AGAの検査を受けられるのは一般の病院やAGA専門のクリニックです。

 

AGA専門のクリニックは薄毛治療に重点を置いているため、効果的な治療方法を提案してもらえるというメリットもあります。

 

一般の病院より値段が高いこともありますが、まずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

カウンセリングだけなら無料で受けられることが多いですし、髪の毛や頭皮の状態をチェックしてくれることもあります。

 

管理人シバのプロペシア副作用奮戦記で思うこと


プロペシア、ミノキシジル服用で発毛に至る結果に関する情報は、実際に毎日プロペシア、ミノキシジル服用を継続している管理人シバの場合の経過報告となります。


プロペシアを試したのは2014/7月で写真に記録は残したものの、そこから2017/12月になるまで写真の継続をする気になれませんでした。


なぜ、2017/12月から写真の記録を再開したのかといいますと、ある程度毛髪の具合が戻ってきたからです。


それまでは、発毛に対して心が折れた日が継続しましたので、プロペシアの服用は継続していましたが、どうしても写真の記録を続ける気になりませんでした。


また、プロペシア、ミノキシジル服用は、個人差があることから、人によって発毛の具合が違ったり、副作用に関しても個人差があることを服用前にしっかりと理解しておきましょう。


確かに、発毛はしてほしい、という強い要望は管理人シバもまったく同様に納得できます。


管理人シバも皆さんと同じように、毛髪が無いときに、もし以前同様の毛髪があったならば世界が変わる、とまで発毛することを強く懇願していたからです。


ですが、プロペシア服用の副作用は、万が一のことを考えて起こった時の対処だけは準備しておきましょう。


自分にはプロペシアの副作用は関係ない、などと簡単に考えるのではなく、プロペシアの副作用はけして誰にでも起こることだからです。


何かあった時にすぐに診察をしてもらえたりアドバイスをもらえる医師を準備しておくことはけして意味が無いことではありません。


費用の安さだけを考えて、いきなり個人輸入でプロペシア、ミノキシジルの服用を始たり、手軽さから近所の皮膚科で処方してもらうのもひとつの選択肢なのですが、絶対に間違いないことはプロペシアの副作用はあなたの身体だけに起こることだけは理解しておきましょう。


何かがあったとしても、すべては自己責任ということになってしまうからです。


ぜひ、不安や心配のない服用方法でプロペシア、ミノキシジルを上手に利用して、間違いの無い発毛体験をしていただき、皆さんの嬉しい顔を見られることを願っています。



AGA専門病院の費用比較で選ぶ

一般的なAGA医院の費用をまとめてみました。治療の方法も治療薬、そしてシステムもそれぞれの医院で違いがありますので、自分に一番合うAGA医院を選ぶことが大切となります。
クリニック 初診、カウンセリング 診療費 治療内容
アゲインメディカルクリニック 八重洲院、秋葉原院 カウンセリング:無料 初回診療検査代:無料 薄毛治療:7,000円 発毛、内服薬:20,000円 外服薬:10,000円 内服、外用薬、メソセラピー(注射)のみの治療で、発毛実績99、3%を達成
AGAスキンクリニック 全国規模の男性専門発毛病院(全国31院の提携クリニック) カウンセリング:無料 初診料:今だけ無料 処方料込、再診:無料 血液検査:今だけ無料 ジェネリック医薬品 フィナステリド錠1r「ファイザー」 初回:3,400円 2回目以降:6,000円 月5,500円から手軽にAGA治療が始められる。 発毛実感率99.4%。 発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院。 自らが薄毛に悩み、治療を体験し、効果を実感した当院オリジナル発毛薬。


プロペシア 副作用

※管理人シバの毛髪状況(2014/7月時点で撮影)

 

トップへ戻る