プロペシアは安全な薬

公開日2018.6.4

プロペシア 副作用 性欲減退

※管理人シバの毛髪状況(2014/7時点撮影)

 

プロペシア利用前に自分のAGAタイプを血液検査でチェック 目次

 

プロペシアは安全性が高く、副作用のリスクはほとんどない?

 

AGAの治療薬として処方されるプロペシアは安全性が高く、副作用のリスクはほとんどないといわれています。

 

しかし、フィナステリドを主成分とした医薬品であり、ある程度のリスクがあることも知っておきましょう。

 

プロペシアの副作用としては、性欲減退や勃起不全、頭痛、腹痛、発疹、頭皮の痒みなどが報告されています。

 

このような副作用のリスクを避けたいという場合、プロペシアを利用する前に血液検査を受けておくと良いでしょう。

 

男性の薄毛には男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きが深く関係していると言われています。

 

AGA治療の際に血液検査を受けることにより、テストステロンの量を調べることができるのです。

 

テストステロンの量を把握しておけば、最適な治療方法を見極めることにも繋がります。

 

また、検査をすればプロペシアを使った場合の副作用のリスクなども知ることができるでしょう。

 

血液検査と聞くと体の異常を判断するものだというイメージを持っている人が多いでしょう。

 

ちなみに、検査をしてもどのくらいの確率でAGAが発生するのかということは分かりません。

 

検査というのは治療のために体の状態を確認するものだと考えておきましょう。

 

AGAの進行具合は頭髪がどの程度後退しているかによって判断されます。

 

管理人シバの場合は、夜晩酌をしていたこともあり肝臓の副作用が気になってたことと、現在自覚している副作用に関しては、性欲減退、腹痛の2点でした。

 

このどちらの場合も違う原因を考えることができましたので、自覚症状イコールプロペシア副作用のものかどうかには疑問もあります。

 

その理由は、性欲減退については加齢の原因を考えることができることと、腹痛については以前からよくあることでしたので、それがプロペシア副作用と断定することはできませんでした。

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味で、成人男性によくみられる髪が薄くなることで、思春期以降に額の生え際、頭頂部の髪が薄くなっていく現象をいいます。

 

安全な方法でAGA対策

 

血液検査を受けることにより、現在の健康状態を判定することができます。

 

検査を通してプロペシアを使用しても問題ないかということはもちろん、薬を使った際の副作用のリスクなども調べることができるのです。

 

自身の血液の状態を調べることでさまざまなことが分かると言われています。

 

普段の食習慣や生活習慣を知ることができますし、最適な治療方法を提案してもらえるでしょう。

 

しかし、過度のストレスを抱えている場合や肝臓の状態が悪い場合、プロペシアを利用できないこともあります。

 

血液検査は本格的なAGA治療の前に受けておくのがおすすめです。

 

事前に検査をしておくことにより、その後のAGA治療をスムーズに進めることができるようになります。

 

ちなみに、AGAの検査を受けられるのは一般の病院やAGA専門のクリニックです。

 

AGA専門のクリニックは薄毛治療に重点を置いているため、効果的な治療方法を提案してもらえるというメリットもあります。

 

一般の病院より値段が高いこともありますが、まずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

カウンセリングだけなら無料で受けられることが多いですし、髪の毛や頭皮の状態をチェックしてくれることもあります。


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る