プロペシアの副作用でEDになる可能性が

プロペシア

 

プロペシア副作用でEDになるとは

 

プロペシアは非常に効果の期待できる育毛剤ですが、副作用もあるので使用をする時にはリスクを理解して置かなければなりません。

 

その中のひとつとして男性機能の低下の症状が見られるというものがありますが、確率的にはそれほど高いものではありません。

 

確率としては1パーセントに満たないぐらいであるため、プロペシアの問題というよりは思い込みによってEDになってしまったというケースが大半だと考えられます。

 

しかし、現実的にプロペシアを使用したことによって男性機能が低下をしてしまったと感じる人がいるというのは事実ですから、絶対にリスクがないわけではないということを覚えておくことが大切です。

 

薬というのは万人に対して安全なものというのはないので、EDとは無関係といっても特定の人にだけ悪影響を及ぼすということは珍しい話ではないため、勃起不全になってしまうという可能性は否定することはできないのです。

 

気にするほどのレベルではありませんし、神経質になりすぎることもないのですが、試す前には知っているかいないかでは大きな違いがありますから、可能性はあり得るということだけ十分に理解をしておくようにしましょう。

 

性欲の減退まで含めると確率は高まる

 

プロペシアを使用することで、勃起不全になってしまうという確率は1パーセントにも満たないもので、薬の影響の度合いとしては無視できるレベルのものですが、性欲の減退を含めると1パーセント以上の人が影響があったという結果もあるだけに、全く無視することができるというものでもありません。

 

また、問題となるのはEDになってしまった時にはプロペシアをやめればそれで元通りになるわけではなく、やめても副作用自体は残り続けることがあるということです。

 

普通に考えればプロペシアが原因で男性機能が低下しているのであれば、やめれば元通りになると思いがちですが、やめてももとに戻ることはなく副作用だけが残ってしまいます。

 

こうなると薄毛治療も中断をしてしまうことになりますし、それに加えてEDになってしまうということにもなるので、男性にとっては非常に大きなリスクだといえます。

 

可能性としては低いことであり、更にプロペシアとの因果関係もはっきりしていない部分がありますから、心配な人は医師に相談をして使用を決めることが大切です。

 

このような症状はプロペシアの副作用の中では気にするレベルではないにしても、可能性としては存在することを理解しておきましょう。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る