プロペシアの副作用が起きる理由

公開日2018.10.5

プロペシア

 

 

日本人男性の30%がAGA薄毛について悩んでいます

プロペシアは元々前立腺肥大のための薬でしたが、抜け毛を抑える働きがあることが分かり、今ではAGA薄毛治療薬として世界中の人が服用しています。

 

しかし、プロペシアには副作用があります。

 

男性ホルモンを抑えることで、抜け毛を減少させるという働きから、男性の性欲が減少してしまったり、女性のように胸がふくらむといった症状が出ることがあります。

 

ただ、このような症状が出るのは全体のうちの1.8%ほどとそれほど高くありません。

 

勃起や射精しにくくなってしまうという人もいますが、身体には何も問題が無くても、プロペシアを服用していることで精神的に働いてしまうケースも少なくありません。

 

また、プロペシアは継続して飲む薬なので肝臓への負担があります。

 

飲み続けるうちに肝機能障害になる可能性もありますが、それの確率も高くありません。

 

めまいや頭痛といった状態を感じる人もいます。

 

服用後、いつもと異なる状態になってしまったら、安全のために服用は中止して医師に相談しましょう。

 

薬を変えたり、飲酒を控えるといった対応により改善できる場合もあります。

 

どの薬にも副作用はあるのですが、体質などの個人差による原因もあります。

 

プロペシアの副作用で精液のDNAまでダメージ

 

プロペシアを飲んでいる男性の中には、これから子供が欲しいと思っている人もいるでしょう。

 

プロペシアの副作用に性欲の減退があることはよく知られています。

 

これは、男性ホルモンの生成を阻害することで起こるのですが、前立腺や精巣など精子を作る部位にまで働きを弱めてしまうことが分かりました。

 

精液のDNAまでダメージを受けてしまうということです。

 

妊娠を希望している夫婦にとって、これは大きな問題です。

 

人工授精を行っていた男性がプロペシアを服用してから精子の数が減ったり、精子のDNAのうち30%にダメージが受けていたという報告もあります。

 

このように聞くととても怖いように感じますが、服用を中止するとどちらも症状は改善し、精子は元の状態に戻りました。

 

ですから、子供が欲しい場合においては、服用を一時的に中止した方がいいかもしれません。

 

ダメージは一生涯治らないものではなく、服用期間中に限られます。

 

プロペシアを飲むことで得られる効果はとても高いです。

 

継続服用した98%の人が効果を実感しているほどです。

 

けれども、高価だけでなく副作用もあるということを知った上で薬を飲むようにしましょう。

 

医師の診断も欠かせません。

 

管理人シバもプロペシア副作用に心配をしたことがあります。

 

精液のDNAにダメージ?プロペシアの正しい副作用知識

 

今回の管理人シバは、2014年からプロペシアを服用し始めて、2015年2月に今の子供が生まれたという経緯がありました。

 

そのときは、プロペシアの副作用で精液のDNAにまでダメージがあったり、性欲に減退があることなど全く知りませんでしたので、そのままプロペシア服用の継続をしてしまったのですが、子供が生まれてから数カ月後にこのような副作用があることを知りました。

 

実際にプロペシア服用を始めてから数カ月ということでしたので無事だったのではないかとホッとしていますが、もし、このことを事前に知っていたならば、プロペシアの服用はけしてしていなかったように思います。

 

その理由は、プロペシアを服用していてあれこれと心配になるより、最初っから服用をしていなければ何の心配もしなかったという意味からです。

 

確かに、プロペシアには多くの副作用が報告されているのですが、自分の身体に副作用が該当する確率は極めて少ないということですので、あまり大げさに考えてしまうのもどうかなと思った次第です。

 

とは言いましても、万が一副作用に該当していまったらそうもいっていられないことになりますので、事前に副作用の対策だけは立てておきたいと思いました。

 

    管理人シバが考えたプロペシア副作用の対策方法

  1. プロペシア副作用に該当する項目をチェックしておく。
  2. プロペシア副作用の項目ごとに対策をたてておく。
  3. 副作用を自覚した時に相談できる医療機関を決めておく。
  4. 副作用を自覚した時はプロペシア服用を一旦中止する。

 

プロペシア副作用に該当する項目をチェックしておく。とは、プロぺシア副作用にはどのような症状があるのかを知っておきましょう。

 

すべての症状がプロペシア副作用の原因とは言えませんが、副作用の症状を知っておくことで早い対応ができるからです。

 

プロペシア副作用を項目ごとに対策をたてておく。では、プロぺシアを服用しているときには副作用に該当する生活習慣を見直そうということです。

 

具体的には、子供が生まれるようなときはプロペシアの服用を一旦中止するとか、肝機能にも副作用がでることがありますので、肝機能に負担をかけるお酒の量を減らしたり、定期的な血液検査でチェックをするようなことが挙げられます。

 

副作用を自覚した時に相談できる医療機関を決めておく。」では、AGAを専門としているクリニックなどで副作用の相談ができるような準備もしておきましょう。

 

とても心配な状況であるならば、一旦プロペシア服用を中止して、なるべくはやくクリニックで診断を受けることが大事となります。

 

副作用を自覚した時はプロペシア服用を一旦中止する。は、少しでもプロペシア副作用と感じられたときのは、一旦プロペシア服用を中止してから診断を受けることにしましょう。

 

なんだかんだ言っても、プロペシア副作用の症状で心配になったときの一番の対応はプロぺシア服用を一旦中止ということです。

 

そのあと、相談できる医療機関で診断を受けることが大事となります。

 

そして、一番先に挙げたプロペシア副作用の症状を知っておきましょう。


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る