プロペシア 副作用,GA治療薬,副作用

MENU

AGA治療薬の副作用について

AGA治療に利用される治療薬として有名なのが、プロペシアとミノキシジルです。

 

プロペシア 費用

プロペシアは現在のところ、
AGA治療に効果が期待できると唯一認められているものであり、
飲む育毛剤とも言われています。

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれるものですね。

 

フィナステリドは、
もともと前立腺肥大など男性特有の疾患を治療する医薬品として開発されていました。

 

その後、AGAの治療に効果があると解ったことから、
改めて開発されており1997年にアメリカの厚生労働省的な存在であるFDAに認可されています。

 

日本でも2005年に認可されており、
医師の診断と処方箋があれば購入することができます。

 

このプロペシアの副作用としては、
男性ホルモンに作用することから性欲が減退したり
勃起不全などのEDとなることがあるそうです。

 

また、継続的に使用することで、
肝機能障害などが起こる可能性もあるのですが、
症状そのものは深刻なものではなく軽いものすむと言われています。

 

副作用が発症する確率も少ないのですが、
起こってしまっては危険なので必ず医師と相談をしながら服用するようにして下さい。

 

もう1つ、AGAの治療に使われるものとしてはミノキシジルがあります。

 

プロペシアが抜け毛を予防する医薬品であるのなら、ミノキシジルには発毛を促進する効果が期待されます。

 

ミノキシジルには、血行を促進する効果があり、毛髪の元になる毛母細胞の働きを活性化する効果があり、抜けてしまった毛を再び生やすことができると、FDAで認可を受けている成分です。

 

ただし、日本では医療用の医薬品としての認可はされていません。

 

このミノキシジルの副作用としては、
頭皮のかゆみやかぶれなどが報告されています。

 

また、もともとが高血圧用の薬として開発されていたことから、
高血圧の治療を受けている人は血圧が下がりすぎてしまうことがあるので注意して下さい。

良いAGA医院を選ぶために管理人がしたこととは

 

次のページへ続く