AGA治療薬の副作用について

更新日2018.8.9/公開日2014.7.25

プロペシア 副作用

 

 

AGA治療薬のプロペシア副作用について

 

 

AGA治療薬のプロペシア副作用について


 

AGA治療に利用される治療薬として有名なのが、プロペシアとミノキシジルです。

 

プロペシア 費用

プロペシアは現在のところ、AGA治療に効果が期待できると唯一認められているものであり、飲む育毛剤とも言われています。

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれるものですね。

 

フィナステリドは、もともと前立腺肥大など男性特有の疾患を治療する医薬品として開発されていました。

 

その後、AGAの治療に効果があると解ったことから、改めて開発されており1997年にアメリカの厚生労働省的な存在であるFDAに認可されています。

 

日本でも2005年に認可されており、医師の診断と処方箋があれば購入することができます。

 

このプロペシアの副作用としては、男性ホルモンに作用することから性欲が減退したり勃起不全などのEDとなることがあるそうです。

 

また、継続的に使用することで、肝機能障害などが起こる可能性もあるのですが、症状そのものは深刻なものではなく軽いものすむと言われています。

 

副作用が発症する確率も少ないのですが、起こってしまっては危険なので必ずAGA発毛専門医師と相談をしながら服用するようにして下さい。

 

もう1つ、AGAの治療に使われるものとしてはミノキシジルがあります。

 

プロペシアが抜け毛を予防する医薬品であるのなら、ミノキシジルには発毛を促進する効果が期待されます。

 

ミノキシジルには、血行を促進する効果があり、毛髪の元になる毛母細胞の働きを活性化する効果があり、抜けてしまった毛を再び生やすことができると、FDAで認可を受けている成分です。

 

ただし、日本では医療用の医薬品としての認可はされていません。

 

このミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみやかぶれなどが報告されています。

 

また、もともとが高血圧用の薬として開発されていたことから、高血圧の治療を受けている人は血圧が下がりすぎてしまうことがあるので注意して下さい。

 

実際では、このようにプロペシア副作用の報告もされているようです。

 

その症状に関しては、個人差があり、人によって違うのですが、長い期間の服用を伴いますので、その間に加齢が進み、加齢の症状をプロペシアの副作用と勘違いする場合もあるようです。

 

その場合は、思い込みと判断されるのですが、ほっておけないプロペシア副作用もありますので、しっかりとプロペシア副作用のことを知っておくことが大切となります。

 

本サイトで、プロペシア副作用の不安と心配を解消するとともに、発毛できることを確信するところからプロペシア服用を始めることにしましょう。

 

また、管理人シバもプロペシアの服用を長い期間続けていて、この症状がプロペシア副作用なのかな、と思うようなことが何度もありました。

 

たとえば、プロペシアの副作用は、性欲減退や勃起不全、頭痛、腹痛、発疹、頭皮の痒みなどが一般的に報告されていますが、管理人シバは、このうちの性欲減退、腹痛、頭皮の痒みを感じました。

 

ですが、頭皮の痒みでは、これってほんとにプロペシア副作用のせいなの?でしたし、腹痛は以前からあったし、性欲減退もただの加齢が原因だったりと、冷静に考えてみると、なにがプロペシア副作用に該当するのかわからなかったこともありました。

 

こんな不安の時に、自分ひとりだけですと、不安と心配で心が折れてプロペシア服用の継続ができなくなることもあるかもしれません。

 

こんな時は、AGA発毛専門医院でプロペシアの服用をすることをおススメします。

 

管理人シバのプロペシア副作用奮戦記で思うこと

 

プロペシア、ミノキシジル服用で発毛に至る結果に関する情報は、実際に毎日プロペシア、ミノキシジル服用を継続している管理人シバの場合の経過報告となります。

 

プロペシアを試したのは2014/7月で写真に記録は残したものの、そこから2017/12月になるまで写真の継続をする気になれませんでした。

 

なぜ、2017/12月から写真の記録を再開したのかといいますと、ある程度毛髪の具合が戻ってきたからです。

 

それまでは、発毛に対して心が折れた日が継続しましたので、プロペシアの服用は継続していましたが、どうしても写真の記録を続ける気になりませんでした。

 

また、プロペシア、ミノキシジル服用は、個人差があることから、人によって発毛の具合が違ったり、副作用に関しても個人差があることを服用前にしっかりと理解しておきましょう。

 

確かに、発毛はしてほしい、という強い要望は管理人シバもまったく同様に納得できます。

 

管理人シバも皆さんと同じように、毛髪が無いときに、もし以前同様の毛髪があったならば世界が変わる、とまで発毛することを強く懇願していたからです。

 

ですが、プロペシア服用の副作用は、万が一のことを考えて起こった時の対処だけは準備しておきましょう。

 

自分にはプロペシアの副作用は関係ない、などと簡単に考えるのではなく、プロペシアの副作用はけして誰にでも起こることだからです。

 

何かあった時にすぐに診察をしてもらえたりアドバイスをもらえる医師を準備しておくことはけして意味が無いことではありません。

 

費用の安さだけを考えて、いきなり個人輸入でプロペシア、ミノキシジルの服用を始たり、手軽さから近所の皮膚科で処方してもらうのもひとつの選択肢なのですが、絶対に間違いないことはプロペシアの副作用はあなたの身体だけに起こることだけは理解しておきましょう。

 

何かがあったとしても、すべては自己責任ということになってしまうからです。

 

ぜひ、不安や心配のない服用方法でプロペシア、ミノキシジルを上手に利用して、間違いの無い発毛体験をしていただき、皆さんの嬉しい顔を見られることを願っています。

 

AGA治療薬の副作用のまとめ

AGA治療薬の副作用について

 

    AGA治療薬の副作用のまとめ

     

  1. 性欲が減退したり、勃起不全などのED
  2. 管理人シバの場合の話ですが、性欲減退を勃起不全を少し感じました。
    ここで困ったのは、プロペシアの服用期間が長期となっていたことで、プロペシアの副作用なのか、加齢が原因なのか判断が付かなかったことです。
    ですが、この症状に関しては、あくまでも少しといった感じでしたので、そのまま様子見をすることにしました。

     

  3. 肝機能障害などが起こる可能性
  4. 管理人シバの場合ですが、毎日晩酌でアルコールを採ることが日常でしたので、アルコールの量を管理するようにしました。
    その結果ですが、アルコールの摂取量を少なくできるメリットがありました。

     

  5. 頭痛、腹痛、頭皮のかゆみやかぶれ
  6. 管理人シバは、この3点の症状にも悩まされました。
    ですが、これがプロペシア服用の原因によるものか、以前からあるものなのか判断がつかないことから、この件に関しても様子見とすることにしました。

     

  7. 高血圧用の薬として開発されていたことから、高血圧の治療を受けている人は血圧が下がりすぎてしまう
  8. 管理人シバは、ちょっと血圧が高いことから高血圧薬を服用していました。
    この時のことですが、血圧薬を処方してもらえる内科医師に、恥ずかしくて発毛のためにプロペシアを服用していることを言うことができませんでした。
    そのあと、思い直してプロペシアを服用していることを相談してみたのですが、担当する内科医はプロペシアの作用をよく知らないようでした。
    こんな時も、できればAGA発毛専門医に診断してもらえるようにするとベストと感じました。

     

  9. 加齢の症状をプロペシアの副作用と勘違いする
  10. プロペシアの服用は長い期間にわたることから、何かの症状が出たときは加齢が原因なのかプロペシア副作用のせいなのかわからないことが多々ありました。
    このような時は、ほとんどの場合、何かの対策をするといいますより、様子見になることがほとんどのようです。
    つまり、たぶんとか思う程度でしたら様子見で、身体に危険があると判断できたならば一時てきにプロペシアの服用を中断する、ということがベストのようでした。

     

 

AGA治療薬の副作用の管理人の一言

 

管理人シバの場合は、プロペシアの服用を続けていて、何かが起こるとすべてをプロペシアのせいにしてしまうことが多いようでした。

 

こんなときは、一人で悩まずに、AGA発毛専門医院に通っているのでしたらその都度相談をして不安や心配を解消をできるような環境を作りをしておくことが大切に思います。

 

費用のこと、プロペシアの副作用のことと、発毛するまでにはいろいろと乗り越えなければならないこともあるのですが、そんな障害物をスムーズに乗り越えることができるのもAGA発毛専門医院だと思います。

 

もし、費用のことでプロペシアの服用を迷っていて、あげく個人輸入を選ぶのではなく、不安や心配の解消が一巡する間だけでもAGA発毛専門医院に通うことをおススメいたします。

 


プロペシア3つの入手方法のまとめ

ブライダルフェア 矢印

トップへ戻る